理科

東洋医学の健康診断は何を診断するの? 数値に出てこない」ミビョン」発見的には| PRESIDENT Online(プレジデントオンライン)

大統領2016年5月16日

最近、現代医療にも積極的に導入されて再評価されている東洋医学。 「健康診断」「予防医学」の観点からも注目される自分の診療方法を学び、北佐藤大学東洋医学総合研究所の「漢方ドック」に妨害した。

調査は虚実寒熱、気血水

1972年に日本で初めて東洋医学の臨床研究機関として設立された北佐藤大学東洋医学総合研究所では、6年前に「東洋医学毒」を開設。 この春に「漢方毒」に改称し、東洋医学の考えに基づいて健康診断を実施している。 「2000年前の中国の漢方と鍼灸の医書には「上のボールはミビョンを治療」と書かれています。 まだ病気ではない、それだけで放っておけば病気が状態 “ミビョン」を見つけ早く手を打つことが上手な医師(上ボール)という意味の言葉です。したがって、元の東洋医学は、現代に言えば、「健康診断」や「予防医学」という考えがある」と言うのは、この研究所の石毛達也氏である。

「なんだか体調不良が続いているが、現代医学検査では異常が見つからないという人も多いと思います。」漢方ドック」は、これらの患者の自覚症状に同行しながら、東洋医学の観点から診察。 「ミビョン」を発見し、その改善のためのアドバイスをしています “

現代医学の健康診断は、血液検査や尿検査、X線検査等の結果を基準として、健康状態を判定が「漢方ドック」では、「虚実」「風邪列 “”気血水」という東洋医学の三思いを基準で体の状態を診察していくという。

「東洋医学では、「中庸」、すなわち偏向がないことを重視します。」虚実」「風邪列 “”気血水」のそれぞれのバランスが崩れた状態を「ミビョン」で把握し、「

東洋医学の三健康バロメーター “虚実」「風邪列” “気血水”

「虚実」は、患者の基本的な体力や病気に対する抵抗力を示す概念で体力や抵抗力が過剰状態を「証明」体力や抵抗力が低い状態を「許証」という。

「風邪列 “体の状態を示す概念で、例えば手足の冷えや下痢などの症状を示す状態は、「寒証」勝ち誇っや手足のほてりの症状がある状態を「熱証」と捉えている。 また、顔がつけているが、足は冷蔵、同じ「寒証」と「熱証」が同時に出てくる状態を「風邪熱複雑」と述べた。

「気血水」は、体を構成することで、「心」は「健康」と「生気」の「心」で目に見えないエネルギーのこと。 「血」は赤い液体の血液で、「水」は、リンパや唾液などの透明な液体のこと。 東洋医学では、気血水のバランスを診察して、心身の状態を評価する。

「気血水の各不足 “ホ”の流れが付いている「停滞」など7つの状態に分類して診断します。 たとえば慢性肩こりは精神的ストレスと運動不足、睡眠不足 “気滞」や「●被(?血)*」が原因である場合があります。”

*●=病垂に語

READ  「お金が欲しい」介護の現場の高齢者クレイマースタッフを売りナイフの脅威 "難しい事例」| PRESIDENT Online(プレジデントオンライン)

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close