技術

東芝、取締役会の改編にM&A顧問と活動家を獲得

2017年2月13日、日本の川崎にある会社施設で見ることができる東芝株式会社のロゴ。 REUTERS/Issei Kato/File Photo

今すぐ登録してReuters.comへの無料無制限アクセス

東京、5月26日(ロイター) – 東芝(6502.T)は木曜日理事会改編でM&A諮問会社Houlihan Lokeyの役員を会長に、活動家株主を社外取締役に指名した。

東芝は最近、Houlihan Lokeyが買収したM&A諮問会社GCA Corpの創設者であるAkihiro Watanabeを指名しました。

また、エリオット・マネジメントのポートフォリオ・マネージャーであるナビル・バンジ(Nabeel Bhanji)とパラロン・キャピタル・マネジメント(Farallon Capital Management)の専務取締役である今井恵二郎(Eijiro Imai)が、6月の年次株主総会を控えて取締役会の座を付与される。

今すぐ登録してReuters.comへの無料無制限アクセス

ヘッジファンドの株主の指名は、日本の大企業とその活動家の株主の間の長い戦いで潜在的な転換点になるでしょう。

県取締役会の会長、津中智は、拷問職から退く。

東芝は、一部の候補者の利益相反の問題があるかどうかを確認するために追加の時間が必要であるため、取締役会の取締役の指名は約2週間遅れました。

今すぐ登録してReuters.comへの無料無制限アクセス

山崎真子の報告 Jacqueline WongとJason neelyの編集

私達の標準: Thomson Reutersの信頼原則。

READ  「iPhone 12」シリーズの4モデルは、どれを選択するのが「正解」はありますか? - ライブドアニュース

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close