東芝、日本で5000人減源、非核事業事業規模縮小

Estimated read time 1 min read

東芝が構造調整を加速するために、日本国内の職員数の約7%である5000人を解雇する計画だ。 日経 報告されました。

東京に本社を置く同社は非核事業を縮小しており、その結果、約1,000億円(6億5千万ドル)のワンタイムコストを負担することになります。 日経 報告されました。

また読んで下さい: モルガン・スタンレー、香港と中国の投資銀行人材を13%削減

かつて日本最大の雇用主のひとつだった東芝は、運営コストを削減し、インフラやデジタル技術事業に集中しようと努めてきました。

近年、化粧品ブランド資生堂(Shiseido Co.)、温度計メーカーオムロン(Omron Corp.)、複写機メーカーコニカミノルタ(Konica Minolta Inc.)など企業が減源を発表した。

東芝はまだ具体的に決定されたことはないが、中期戦略を準備中だと会社関係者が電子メールで明らかにした。 ブルームバーグ

原子力タービンはもちろんバッテリー、量子コンピューティング技術も作る東芝が退職金志願者を募集する。 日経 言った。

「監督の主な対象は、本社内のバックオフィス部門です。 会社は希望退職を推進するだろう」と明らかにした。 日経 この問題についてよく知っている人の言葉を引用します。

また読んで下さい: McKinseyは、顧客の需要が鈍化するにつれて360人を解雇し、これらの役割も影響を受けます。

東芝の国内給与は約67,000人だ。

今回の減源が予定通りに行われる場合、2015年に会社会計不正が浮上した後、最大規模の人員削減になる見通しだ。

報告書は「今回の構造調整計画は来る5月に発表される日本大企業の中期経営計画の一環として収益性改善のための努力の一軸」と明らかにした。

会社側は「早ければ5月から労組と協議に入り、事業部別人員削減を決定する予定」と付け加えた。

149年の歴史を誇るこの大企業は、プライベートエクイティ運営会社の日本産業パートナーが率いる日本のコンソーシアムによって非公開に転換されました。

東芝は昨年、JIPが主導するコンソーシアムの買収提案を受け入れ、昨年12月に東京証券取引所(TSE)で上場廃止された。

特典の世界を開きましょう! 洞察力のあるニュースレターからリアルタイムの株式追跡、速報、カスタムニュースフィードまで、すべてがここにあります。 ワンクリックでいいです! 今ログインしてください!

READ  トヨタの年次総会では、野心的なピボットが株主の挑戦を無色にすることができます。
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours