東芝、証券取引所上場廃止予定

Estimated read time 1 min read

日本の巨大企業東芝が株主総会の承認を経て来月、東京と名古屋証券取引所で上場廃止される。 目標は、会社が財政を再建し、事業を転換することです。

東芝はこの問題を解決するために水曜日の一時株主総会を開いた。

投資ファンドのJapan Industrial Partnersは、9月の買収を通じて東芝株式の78%以上を買収しました。 海外の活動家を追い出すために、株主は残りの株式購入を承認した。 東芝は12月20日に非公開に転換される予定だ。

ある株主は、東芝の技術が世界をリードしており、新しい経営陣が登場しても技術が変わるとは予想しておらず、東芝が成功した遺産をつなぐことを期待していると語った。

別の株主は「上場廃止では何の問題も解決されない」と話した。 「東芝は、ここ数年間、特に財政問題が何であるかを見直す必要があります。」

東芝は2015年の会計不正が浮上した後、様々な問題に包まれた。

当社は財務再編と成長の追求という課題に直面しています。 約2兆円、すなわち130億ドルを超える買収費用を負担しながらこれを遂行しなければならない。

READ  これで、Microsoft Teamsのウォーキトーキー機能が広く利用可能になりました。
Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours