経済

東芝、量子暗号通信事業化に「解読されていない」暗号化技術とは| IT・インターネット

k10012671541_202010192134_202010192138.mp4

「量子暗号通信」という解読されていない次世代の暗号化技術を東芝が来年、日本や欧米で事業化することを正式に発表した。

中国などとの開発競争が激しくなる中で、欧米の通信大手も連携して、世界のトップシェアをつかみたい目標です。

「量子暗号通信」は、スーパーコンピュータをはるかに超える計算能力を持つ量子コンピュータで解読することはできない次世代の暗号化技術です。

東芝は、この量子暗号通信を来年度日本や欧米で事業化することを正式に公開しました。

日本では、政府の通信ネットワークのセキュリティ対策として、受注しており、国内での事業化は今回が初めてです。

また、海外での事業化は、英国の「ブリティッシュテレコム」と米国のベライゾン・コミュニケーションズ」と提携しました。

量子暗号通信をめぐり、中国が2025年までに全国に拡大政策を掲げるなど、国際的な開発競争が激しくなっています。

東芝は、この分野で保有する特許の数が世界1位の研究開発をリードしてきたが、国内外でいち早く事業展開を進め、世界最高のシェアを握り、たい目標です。

なぜ解読することはできませんか?

重要な情報を第三者に知らない相互作用する「暗号化」技術は、情報通信分野で欠かせないものになっています。

現在一般的に使われているパスワードは、「少数」という数字の組み合わせなどで作成し、コンピュータの計算能力が飛躍的に上昇するものと解釈される危険性が大きくなることが指摘されています。

こうした中、任意のコンピュータを使用しても「絶対に解読することができない」と注目されているのが「量子暗号」です。

「量子暗号」は、光の最小単位である光の粒子」光子」のような小さな物質の動きや行動を示す物理学の「量子力学」を応用した技術です。

暗号化されたデータとは別に
「パスワードを解くために必要な鍵 “となる情報を送信します。

量子暗号長年解決情報通信研究機構の武岡正博センター長によると、この「鍵」となる情報を分割して、「光子」一つ一つに乗せ送るのが特徴です。

量子力学によると、「光子」は観測されると、その状態が変わる性質があるため、誰かが「キー」の情報を盗み見た瞬間、「光子」の状態が変化するため、他の人が使用したことに気づくことができます。

この技術は、他の人が使用されたことを検出した時点で、その情報を自動的にオフにして盗んされていない残りの情報だけで、自動的に新しいキーを再作成する構造になっているということです。

武岡センター長量子暗号の分野では、日本が世界をリードしているとし、 “西洋や中国などの開発にしのぎを削っているが、東芝の製品は、「鍵」の情報を書き込みパフォーマンスが世界の製品に比べて数倍高く、世界最高の安定性を誇っている。一方、新しい技術であるため、社会にどのように統合行くかが課題日本では、医療情報を保護実証実験に世界で初めて努力である。今後、通信基盤事業者と協力事業に回していくことが必要だ」と指摘してています。

東芝「世界最高水準」

量子暗号通信の開発に従事し、東芝の村井信哉プロジェクトマネージャーは、「量子暗号通信は、光の粒子=光子にデータを置くことで、データを盗もうとするサイバー攻撃などを検出することができる。暗号化されたデータを置くための「暗号化キー」を確実な形で相手に渡すことができるということがポイント」と説明しています。

村氏は、通信速度と信頼性の高い通信を行うことができる距離で、世界最高水準にあるとした後、「政府機関や金融機関や医療機関などの非常に敏感な情報を扱っているところで入るだろうと思っている。最終的には幅広く全国規模でサービスを提供していくことを狙っていきたい」としました。

世界で開発競争が激化

インターネットなどの通信では、さまざまなデータが暗号化されていますが、スーパーコンピュータよりもはるかに高い計算能力を持つ「量子コンピュータ」が本格的に使用されるようになれば、今使われている暗号化は簡単に解読されてしまう恐れがあります。

したがって今後は、民間企業だけでなく、国家の安全保障面でも機密情報を保護するために、両者を使用した、絶対に解読されない」量子暗号通信」が不可欠であるとされており、東芝は2035年の世界市場規模は2兆ウォンを超え説と期待しています。

このような中、中国は、金融と司法の分野で既に実用化して2025年までに中国全土に広げようと力を入れており、韓国でも現地の通信大手が量子暗号通信技術を持つスイスの企業を買収して事業化するなど、国際的な開発競争が激しくなっています。

加藤官房長官「未来の経済社会を支える重要な技術」

加藤官房長官は午前の記者会見で「「量子暗号通信」は、将来の経済社会を支える重要な技術で研究開発を進めてきており、これに東芝をはじめ、国内の関連企業が参加していることを知っている。安保に関係されている重要な技術であり、研究開発、実用化のためのサポートに引き続き努力する」と述べた。

READ  マイナスポイント事業にみると、「私の番号のカード」の普及の限界[스즈키 준야의 Pay Attention]-Impress Watch

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close