経済

東芝、3つに分割:レポート

東芝は、取締役会議長の解任と議論となる買収提案を含めた一連の危機以降、2023年に3社に分割する計画だと昨日報告書が伝えた。

Nikkei Business Dailyは、3つのユニットがインフラストラクチャ、デバイス、および半導体メモリに焦点を当て、2年以内に上場すると予想すると述べた。

東芝は事業分割オプションを検討中だが、まだ決まったことはないと述べた。

消息筋を引用しなかった日経は、東芝が収益を報告し、新しい中期事業計画を発表する金曜日にこの動きを発表できると述べた。

大石達郎東芝広報担当者は「企業価値を高めるために中期事業計画を立てており、事業分割も一つの案だが、現時点で公式に決定されたことはない」と話した。 「公開すべき事項が決まったらすぐに発表します」

この決定が確定すれば、かつて日本の先端技術と経済力の象徴だった会社への途方もない激変の時期を防ぐことができます。

6月、株主は一連のスキャンダルと損失の終わりに取締役会の議長を追い出すことに投票しました。

この動きは、東芝が株主が提案や議決権を行使するのをブロックしようとした独立した調査の有害な暴露によるものです。

調査報告書は、会社が取締役会の投票を左右するのに役立つように、日本経済産業省の介入をどのように追求したかを詳しく説明しました。

この暴露は、4月当時のCEOであった小澤久留谷に関連するプライベートエクイティから予期せぬバイアウト提案が出た後に出ました。

この提案は、行動主義の投資家の影響力を弱めることを意図したという主張とともに、苦情を引き起こしました。

以後他の提案が出てきて、久留谷は4月に辞任したが、買収論議と関連がないと主張した。

エース研究所の安田秀樹アナリストは「東芝事業分割決定は行動主義株主の意見を聞いた結果」と話した。

支持者は、これらの動きを東芝運営の市場価値の組み合わせを最大化すると考えています。 しかし彼は欠点があるかもしれないと警告した。

彼は「市場価値を最大化することはできますが、ある事業の損失を他の事業の利益に埋めることはできません」と述べた。

Nikkeiは、大企業の分割がHewlett-Packardを含む米国の一部の企業の成功した戦略だったと述べた。

しかし、株主圧力に応じて3社に分割された化学大企業デュポンのような他企業の場合、時価総額は現在より低く、この動きは日本で比較的まれで東芝が分割される最初の主要大企業になるとデイリーは付け加えた。 。 完全に分離された上場会社。

READ  モディファイ首相ワシントン到着:米国モディファイ首相訪問リアルタイム更新:モディファイ首相、今日の日本とオーストラリア首相と会談開催

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close