技術

東芝からソニーまで、日本最大のチップメーカーはエンジニアの不足に備えています。

東芝からソニーに至るまで、日本最大の半導体メーカーは、国内チップ産業を復活させようとする政府の努力がエンジニア不足で脅かされていると警告している。

予想される労働危機は、日本がCovid-19の供給支障によるチップ不足による経済安全保障を強化するための一環として、半導体への投資を増やすために努力しています。

電子産業団体は先月、経済産業省に訴え、2030年まで5年が数年間世界市場シェアを失った日本半導体産業が再び位置を見つけることができる最後で最も大きな機会だと述べた。

Japan Electronics and Information Technology Industries Associationは、この部門の成功はチップ工場を革新し運営するのに十分な人材確保にかかっていると述べた。 投資速度に追いつくために、8つの大手メーカーが今後10年間で約35,000人のエンジニアを雇う必要があると推定されています。

JEITA半導体基板政策提案タスクフォースチーム長の若林秀樹東京理科大学教授は「半導体が不足しているとよく言うが、最大の不足はエンジニアだ。

1980年代後半、日本の半導体企業は生産増設に惜しみなく投資し、米国を抜いて世界市場シェアの半分を少し超えました。 しかし、米国との深刻な貿易紛争の後、日本は韓国、台湾、そして最終的には中国企業に支配力を譲渡しました。

その結果、2008年のグローバル金融危機以降、エンジニアの大量解雇が発生しました。 若葉さんは、これが今日の熟練したシニアエンジニアが不足している理由だと述べた。

JEITAタスクフォースに属するフラッシュメモリメーカーのキオシアのマネージャーである三井豊樹は、チップ産業が長い間魅力を失っていたため、大学で半導体を勉強している学生は今や金融機関や技術会社に入る傾向がある。があると言った。

イノベーションに拍車をかけ、予備スタッフを育成するために、東芝、ソニー、その他の企業は、全国の最高の科学部門と協力して、チップの研究と採用に追加資金を投入しています。

先月、ジョーバイデン米大統領と岸田文夫日本首相は半導体製造能力を強化し、先端チップ開発協力を約束した。

TSMCはソニーとともに、九州南部島に86億ドル規模の工場を建設中で、この施設に約1,700人の従業員を雇うことを目指しています。 政府は最大4,760億円(35億ドル)の補助金を支払うと明らかにしました。

より多くの植物がオンラインで利用可能です。 Kioxiaは、合弁事業パートナーであるWestern Digitalとともに秋に開場する日本中部工場にほぼ1兆円を支出し、来年に完工する予定の北部日本工場に1兆円を追加割り当てする予定です。

Renesas Electronicsは900億円を投資し、電気自動車に使用される電力半導体の生産を拡大するために、2014年に閉鎖された工場を再び開く予定です。

リクルートのコンサルタントである和馬井上氏は、「日本は2010年代半ばまで、世界のチップ産業規模が2倍になったにもかかわらず、投資と雇用の面で他の国々との違いを見せた」と述べた。

しかし、井上さんは労働者を見つけるのが難しいと言いました。 日本統計局が発表した資料によると、電子部品、装置および回路分野の25~44歳労働者数は2010年38万人から2021年24万人に減少した。

東芝エレクトロニクス機器の高澤美amori氏は、「ほとんどの日本の科学研究科目は、半導体ではなくITに関心がある。

「世界中で最高のエンジニアをめぐって競争が広がっており、私たちは競争力を備える方法を講じなければなりません」と彼は付け加えました。

READ  MHIとインフィニアムが日本で電気燃料技術を研究するために協力

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close