経済

東芝インド、伊藤秀一(Shuichi Ito)マネージング・ディレクターに任命

ニューデリー:月曜日、日本の産業の大企業の東芝の現地支部は10月1日から伊藤修一(Shuichi Ito)を会社の新しいマネージングディレクターに任命すると発表しました。

Itoは5年以上TIPLの運営を導いたTomohiko Okadaの後を継いだものです。

日本の九州大学法学科を卒業したItoはToshibaの国際エネルギー事業で30年以上の経験を持っています。

TIPL(Toshiba India Private Limited)は、日本Toshiba Corporationの全額出資子会社です。 この会社は、エネルギー、鉄道システム、充電式バッテリー、エレベーター、水および廃水処理とストレージソリューション全体のソリューションを提供しています。

Itoは、アジア、南米全域のエネルギーインフラビジネスの分野での国際運営、ビジネス開発、販売、およびその他の商業機能の様々な指導的役割を果たしました。 インドと彼の最初の関係は、キャリアの開始にさかのぼります。 「1991年海外エネルギー部門、南アジアグループの一員としてUttar Pradesh州で火力プロジェクトに緊密に協力しており、インドの主要な電力会社に送配電の製品を供給しました。2016年後半に、彼はToshiba Transmission&Distribution Systems(India)Pvt。Ltd 。のセールスディレクターに任命され、インド内外で販売拡大を担当しました。」と同社は述べた。

「30年以上のインドと縁を結ぶ間、私は、インド – 日本経済パートナーシップと投資が新たなレベルに到達するのを目撃しました。 Toshibaは、インド政府の取り組みは、特にMake-in-India、Clean IndiaとSkill Indiaに積極的に寄与してきました。 私はIto氏がToshibaの人道支援をさらに強化し、TIPLを新たな成長段階に引き込む適任だと思います。」とOkadaが言いました。

購読 ミントニュースレター

* 有効な電子メールを入力してください

* ニュースレターを購読いただきありがとうございます。

話をお見逃しなく! Mintと接続して情報を取得してください。 今すぐアプリをダウンロードしてください!

READ  ゴジラは日本のモンスターの注目を集めている - Harvard Gazette

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close