トップニュース

松井一郎、日本革新党代表として残る

東京(刑務所) – 土曜日、日本革新党は、党員が指導部選挙の実施に反対する投票をした後、松井一郎を党首に維持することを決めた。

当ギュによれば総選挙後45日以内に指導部経選開催の可否を決定しなければならない。 10月31日に行われた衆議院選挙で政党は衆議院議席をほぼ4倍近く増やした。

大阪市長でもある57歳の有力な後継者がいないこの小さな野党は、今年夏の参議院選挙のために力を育てることを目指しています。

松井は党本部がある西日本都市大阪で開かれた党大会で「私は私たちの政策項目を実現するために最善を尽くす」と話した。

松井は野党の核心政策議題である行政改革と改憲のための国会議論を推進するとみられる。

岸田文夫首相と連合パートナーであるゴメイトが率いる自民党に対抗するために力を合わせた他の野党とも線を引いて、改憲などの問題では自民党に近い。

日本革新党党員は大阪とその周辺から全国に党の支持基盤を拡大することで支持を拡大することを希望している。

コロナ19事態が真っ最中の時、メディアの露出を増やした吉村広文大阪知事の人気は、野党の逆風で照らされた。 しかし、党副代表の吉村は指導部経選が行われても出馬意思はないと述べた。

松井は片山虎之助の後任で、馬場信幸事務総長を共同代表として選出した。 松井は86歳の参議院議員が病気により議員職を辞任すると予想されると述べた。

READ  シリアはワールドカップ予選、次のステップで、日本に参加

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close