エンターテインメント

松井健、デビュー初の55kgグレコローマン型の世界タイトル獲得

日本の松井健(Ken Matsui)が55kgのグレコローマン型男レスリングの世界選手権大会の決勝で欧州王者であるロシアのエミン三ペルシャエフ(Emin Sefershaev)を7-1で破って優勝を占めた。

非五輪階級で優勝し、世界選手権にデビューした松井は、オスロ大会で日本の5番目の大会の金メダルを獲得した。

日本の松井健(右)が2021年10月8日にオスロで開かれた世界レスリング世界選手権大会男子55kgグレコローマン型決勝で優勝した後、金を持っている。 (写真提供:日本のレスリング連盟)(教徒)

日本のレスリング連盟によると、彼はまた、20年8ヶ月ぶりに国内最年少グレコローマン世界チャンピオンになった。

松井は「勝利を予想していなくて、本当に驚きました。決勝戦で優勢相手と対戦されて後悔せずに自分のスキルをすべて見せることだった」と話した。

日本の松井健(右)が2021年10月8日にオスロで開かれた世界レスリング世界選手権大会男子55kgグレコローマン型決勝で、ロシアのエミン三ペルシャエフを破った。 (編集のみ)(教徒)

男60kg級グレコローマン型ディビジョンで日本のAyata Suzukiは、アゼルバイジャンのMurad Mammadovに準々決勝敗北で彼のタイトルの入札を締め切りました。

日本の国ユタ州と園田アラタは男97kg級と130kg級グレコローマンの試合でそれぞれ脱落した。

10月2日から10日まで、ノルウェーで開かれる日本代表には、東京オリンピックチームがない。


関連の適用範囲:

レスリング、日本の古市、女子72kg級世界1位

Wrestling:Yoshimoto、Fujinami crowned women」s world champions

レスリング:桜井亜美(20)、女子55kg級、世界で金メダル獲得


READ  「虹惨事FAN CLUB」の会員のための専用のチャットアプリ2020年10月22日(木)15時から配信開始! | 最初から会社のプレスリリース

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close