スポーツ

松山は、日本復帰にオリンピックチャンピオンシャウペレを言う| スポーツ

日本の松山英樹(Hideki Matsuyama)が2021年4月10日、ジョージア州オーガスタナショナルゴルフクラブで開催された第3ラウンド14番グリーンからのチップを投げている。 – Reuters写真

INZAI、10月20日 – オリンピック金メダリストのXander Schauffeleが今週日本に帰ってくるが、今日は地元の観衆が熱狂する人物が松山市秀喜と認めました。

デュオはZozo Championshipが明日東京の近く千葉のAccordia Golf Narashinoカントリークラブでティーオフしたときにシグネチャグループを構成します。

US PGAツアーが995万ドル(4100万リンギ)イベントにコロナ19ファンデミク以来、初めてアジアに戻るに基づいて、2020東京オリンピック銅メダリスト、台湾のCT Panが合流します。

「明らかに秀樹の故郷の少年であり、故郷の英雄」と、世界5位のシャウペレは言った。 彼の母親は、日本で生まれ祖父母はまだその国に住んでいる。

「一生日本でオリンピックが開かれ、私毎回優勝した場合秀樹はまだ1位をすると思います。

家族関係のため、多くのサポートを受けることができるSchauffeleは「そうしてください。」と付け加えました。

「私たちの二人ジョーでプレーすると、可能な限り多くの人々が集まってきて良いゴルフを見て喜ぶと思います。」

「ロックスター」

USマスターズチャンピオンである松山は2年前、タイガー・ウッズがサムスニードの通算記録と一緒に82回目PGAツアー優勝を占めた最初の早朝チャンピオンシップで準優勝を占めた後、ホームグラウンドでの成功を収めてたいでしょう。

松山は水曜日に「タイガーと競合することは私にすばらしい経験だった。 「その時は実力が不足したが、彼からのコース管理を学びました。」

松山はファンが全英オープンチャンピオンのコリン森川が登場した壮大な7方向プレーオフ銅メダルで勝利した後、今年の夏のホームゲームで、オリンピックのメダルを獲得した後、心が痛みました。

その際松山を上げる群衆がなかったが、今週は一日5000人を許可されて雰囲気が変わったことです。

松山は「オリンピックのために日本に行った観衆がなく残念だった」と述べた。

Morikawaは、群衆が帰ってきたら特別なことだと思いました。 父が日本人である2回のメジャーチャンピオンは “これらの最高のファンです。」と言いました。

「オリンピックのために、私たちは誰もなかっただけ退屈感じました。」と、世界3位が付け加えました。

今週の日本の他の主要な名前ではヨーロピアンライダーカップ(European Ryder Cup)選手トミーフリートウッド(Tommy Fleetwood)と人気のあるアメリカのリッキー・ファウラー(Rickie Fowler)、オーガスタマスターズ(Augusta Masters)で松山(Matsuyama)に続いて準優勝したPGAツアー、今年の新人ウィルカット社(Will Zalatoris)があります。

13ヶ月前にはまだ2部Korn Ferry Tourで活躍している世界ランキング31位でライジングスターZalatorisが言いました。

「このコースでは、若干のオーガスタ跡が残っています。ただ、斜面とグリーンのスピードを考える時です。」

祖父が日本の血統を持っているファウラーは松山の主要成功をこのように賞賛しました。

「私は、彼はここでロックスターとになります。」 – AFP

READ  Shibutaniの兄弟、アトランタの射撃にアジア系アメリカ人の攻撃に対する認識が高まりました。

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close