柔軟で軽い太陽光で32.65%の変換効率

Estimated read time 1 min read
シャープコーポレーション (株)ニューエネルギーが主管する「自動車用太陽電池研究開発」プロジェクトの一環として開発された軽量で柔軟で実用的なサイズの太陽光モジュールで世界最高の32.65%の変換効率を達成しました。 日本産業技術開発機構(NEDO)。

このモジュールの変換効率は、2016年に他のNEDOプロジェクトで開発された同様のSharpモジュールの変換効率が最高で、当時の世界記録である31.17%の効率を記録しました。 三重接合複合設計を使用した新しいプロトタイプソーラーモジュールは、フィルム層の間に太陽電池を挟む構造のおかげで、軽くて柔軟です。 これにより、高効率かつ軽量化を要求するアプリケーションである様々な車両にこのモジュールが適用されることが期待される。

READ  Steamで発売から1年、「過小状態」であった「Among Us」が突然人気大爆発。同接16万人の開発者は、頭を抱えて| AUTOMATON
Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours