柔道世界選手権:日本はハイブリッドグループチャンピオンとして残ります。

1 min read

アブダビで開かれる世界誘導選手権大会6日目は、混成団体戦が開かれる楽しい日だ。

チームワークの整数を実現するダイナミックな6対6対決で、各チームの男3人と女3人がいずれも勝利の頂点のために競争します。

準決勝で日本は強力な競争相手のウズベキスタンと対戦しました。 日本は荒井真央の強力な制圧で序盤をリードしたが、その後トゥロボエフの印象的な一枚がウズベキスタンの勝利を有力に見せた。

日本は華やかな柔道を通じて結局4-1に勝利し、金メダル決定戦に進出した。

フランス対ジョージア準決勝戦は、世界チャンピオンのピノットとアクセル・クレルジェがフランスの勝利のために大会を終え、金メダルの試合に進出するまで、最初の4つの大会で前後に勝利を収めるはるかに激しい大会でした。 。

決勝でも再び日本とフランスが対抗した。 彼らは過去6回の世界選手権大会で決勝戦で対戦し、日本は毎回1位を占めました。

ヘビー級をはじめ、日本は序盤から先頭を走り、中野、玉岡、田中がいずれも大会で勝利しながら疾走を続けた。

新たに選ばれた世界チャンピオンPINOTが状況を覆した。 KAWABATAはCLERGETを相手に勝利を収め、日本の勝利を確定し、再び世界ハイブリッドチームチャンピオンとして君臨することになりました。

金メダルはIJF会長Marius VIZERとIcona CapitalのCEOであるMr Max-Hervé GEORGEによって授与され、金メダルトロフィーはUAE誘導連盟Mohammed Bin Thaaloob ALDEREI会長によって授与されました。

TAMAOKIは「7連続優勝を果たして本当に驚きです」と話しました。

この日の最後には2025年世界選手権大会の栄光をハンガリーに渡す旗伝達式が行われた。

READ  Colin Reaの狂気の旅は、彼Brewersのブルペンで発見するために、日本で彼を連れて行きました。
Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours