スポーツ

柳菅野がMVP / NPBアワードを受賞リスト – プロ野球ライブ速報:日刊スポーツ

MVPは、パ・リーグソフトバンク柳油岐外野手セ・リーグ菅野由紀投手が受賞した。 最優秀新人賞は波西武へら海馬の投手モーセが広島森下暢仁投手が選出された。

プロ野球「NPB AWARDS 2020(NPBアワード)」の記念撮影でポーズ左からパ・リーグ最優秀新人賞西武へら海馬、最優秀選手賞のソフトバンク柳田悠岐セ・リーグ最優秀選手賞の巨人菅野由紀最優秀新人広島森下暢仁= 2020年12月17日(代表撮影)

最高の選手(MVP)

最優秀新人

パ・リーグ投手部門

ソフトバンク千賀滉大

最高の数の比率、最も多くの勝利、最も多くの三振

「非常にうれしく運が良かったと思います。誰もがたまたま取れた部分が強いと思いますが、三振は2年連続であるため、うれしいです」

ソフトバンク千賀(20年11月22日)
ソフトバンク千賀(20年11月22日)

ソフトバンク石川柊太

最も多くの勝利、勝率で最初の

「率直に言って、プロ野球の世界に入りが同じ賞を取れたと思いませんでした。多くの人の支持があって取れた上。ありがとうございしかありません」

ソフトバンク石川柊太(2020年10月23日)
ソフトバンク石川柊太(2020年10月23日)

ラクテンワクイ英明

ほとんどの勝利

「素直にうれしいです。直線の質が、ここ数年の中で最も良く、投げて楽しかったです。本当に野球に集中することができたことが、そのような結果につながったかなと思います」

楽天ユイが最多」直球の質が、ここ数年の間に最高の “

楽天の涌井秀章(2020年9月30日撮影)
楽天の涌井秀章(2020年9月30日撮影)

ソフトバンク保ネロ

最優秀中継ぎ

「難しいシーズンだったが、野球に関しては、自分がやるべきことに集中することができた。このような点では良かったと思います」

ソフトバンクのリバン・モイスネロ(2020年10月27日)
ソフトバンクのリバン・モイスネロ(2020年10月27日)

西武増田達至

最多セーブ

「肩、肘を休ませ、再鍛えています。今シーズンも、このようなタイトルを取ることができるように努力します」

西武買っ辰土(2020年9月27日撮影)
西武買っ辰土(2020年9月27日撮影)

オリックス山本義信

最大三振

オリックス山本義宣(2020年9月29日撮影)
オリックス山本義宣(2020年9月29日撮影)

セ・リーグ投手部門

中日大野雄大

最高の数の比率、最も多くの三振

「奪三振途中から狙っていた。(菅野が獲得した最多は)今年でなどが見られた。勝利アドバイスもした。勝てばチームも勝利がつく。来年も完投し、また、沢村賞も受賞する成績を残したい」

中大野雄大」などが見られた」菅野超える投手4冠の目標

「NPB AWARDS 2020」で沢村栄治賞を受賞した中大野雄(代表撮影)

巨人菅野由紀

最も多くの勝利、勝率で最初の

「先発に勝何よりも嬉しいこと。私は一人の力ではない成し遂げないと多くの人に感謝して、これからもたまるように(最高勝率を獲得)の主要なタイトルをすべて取れた。最多勝もうれしいですが、最高勝率のがうれしいです」

プロ野球
プロ野球「NPB AWARDS 2020(NPBアワード)」最優秀選手賞を受賞しNPBサイト敦委員から表彰を受ける巨人菅野智之(代表撮影)

阪神・スアレス

最多セーブ

「充実した1年を過ごすことができたと思います。セーブ王が決定されるというゲームは、満足感と嬉しい気持ちが混ざった瞬間でした。ベネズエラ人で、初めてNPBからセーブのタイトルを取ることができるので、自分の国を代表してプレーすることができる自尊心はあります “

阪神・スアレス「国家代表自慢 “ベネズエラ人初セーブ王

最多セーブ賞を受賞したスアレス(FC提供)
最多セーブ賞を受賞したスアレス(FC提供)

中日祖父江大輔

最優秀中継ぎ

「持っていくと考えていなかったのでうれしい。 開幕が遅れ、2ヶ月の間に、自分がしたいの調節が可能だったので良かった。 選抜が作ったゲームを消さないように留意した “

中フージンドン

最優秀中継ぎ

ヤクルト清水上昇

最優秀中継ぎ

「このような賞を受賞したのは非常に光栄に思います。まず、このような状況の中で、最善を尽くしてくださったプロ野球関係者、医療関係者の皆さんに感謝します。自分には大変充実したシーズンだったと思います」

ヤクルト清水「体の管理を一番に考え、「最優秀中継ぎ

最優秀中継ぎを手にした左から中日福中祖父江ヤクルト清水
最優秀中継ぎを手にした左から中日福中祖父江ヤクルト清水

パ・リーグの打者部門

オリックス吉田正尚

最初の打者

「1番が可能だったので、うれしい。自分のスイングに強く接触に注意した。(チーム)最下位だったので、何とか優勝を目標にして貢献できるようにする “

吉田正尚(2020年10月10日撮影)
吉田正尚(2020年10月10日撮影)

ソフトバンク柳田悠岐

ほとんどのヒット

プロ野球
プロ野球「NPB AWARDS 2020(NPBアワード)」最優秀選手賞を受賞しNPB斉藤敦委員(右)から表彰を受けるソフトバンク柳田悠岐(代表撮影)

楽天浅村栄斗

最多本塁打

「まさか自分がこの上に従事することが考えていなかったので正直うれしいです。なかなか調整がうまくいかない中で、6月19日に開始して、自分の中でも間違ってシーズンましたが、タイトルを一つ取れたので、自分の中でとても記憶に残るシーズンがされました “

楽天浅村最多本塁打賞、オリックス山本と対戦ある

楽天浅村(11月1日撮影)
楽天浅村(11月1日撮影)

日本ハム中田翔

最も多く

「今年は正直より行うことができると考えた。物足りなさしか残っていないチームも5位という悔しい結果に終わった以上、打点王とベストナインを取ろうとするが、素直に喜ぶことができないのが本音です」

日本ハム中田翔(2020年10月24日)
日本ハム中田翔(2020年10月24日)

日本ハムマンション健介

最高出塁率

「ますますチームに貢献しなければならないということですが、今シーズンの数にうぬぼれずに、チームの優勝のために次のシーズンは、より高いレベルを目指し努力していきたい」

日本ハムマンション健介(2020年7月29日)
日本ハムマンション健介(2020年7月29日)

ソフトバンク周東佑京

最多盗塁

プロ野球
プロ野球「NPB AWARDS 2020(NPB賞)」委員特別賞を受賞したソフトバンク周東(代表撮影)

セ・リーグの打者部門

DeNA佐野慶太

先頭打者最高出塁率

「光栄なことだと思います。素直にうれしいです。(シーズンは)全試合出場できるようにも優勝に貢献できるように努力したいと思い、「

佐野慶太(2020年10月16日撮影)
佐野慶太(2020年10月16日撮影)

中日大島洋平

ほとんどのヒット

「2年連続のとれたのは自信だ。体験したことのないシーズンの調整も難しい中の成績を残すことができたのは良かった。(DeNA梶谷は)良い候補。負けないように試合に臨みでいた “

中日大島洋平(2020年10月21日撮影)
中日大島洋平(2020年10月21日撮影)

巨人岡本和真

最多本塁打最多打点

「二度持って光栄に思います」

巨人岡本が最初ホームランと打点の2冠王「栄光」

巨人岡本和真(2020年11月7日撮影)
巨人岡本和真(2020年11月7日撮影)

ヤクルト村上宗隆

最高出塁率

「1試合1試合の蓄積が、最終的にセ・リーグで1番だったことは大変うれしい自信にもなる。シーズンこの状況を打開して上位進出し、優勝を目指して努力しているし」

ヤクルト村上が最高出塁率 “自信”全試合4番出場

ヤクルト村上宗隆(2020年7月2日撮影)
ヤクルト村上宗隆(2020年7月2日撮影)

阪神近本浩二

最多盗塁

「昨年、授賞式で口にさせていただいた2年連続盗塁王が取れて、自分でも本当に嬉しいです。数というのはあまり増えなかったのですが、来年にはもっと走り、チームのために頑張っていきたいと思います」

阪神近い本が2年連続盗塁王」3年連続目指し “

阪神近い本、赤の後の快挙も「すごい」周東刺激

プロ野球
プロ野球「NPB AWARDS 2020(NPBアワード)」セ・リーグ盗塁王を獲得しコメント阪神近い本(代表撮影)

巨人から最多5人/コメントがベストナインリスト

パ・リーグのベストナイン

投手 ソフトバンク千賀滉大(2年連続2回目)

キャッチャー ソフトバンクカイ拓哉(3年ぶり2回目)

一塁手 日本ハム中田翔(4年ぶりの3番目)

一塁手 楽天浅村栄斗(5年連続5回目※塁で1番)

一塁手 楽天鈴木大地(初※遊撃手で2回)

「(楽天は)本当に良い人だけで温かく受け入れてもらったのでやりたい仕事を熱心にすることができました。(シーズンに)チームに勝つことができなかったのは悔しくてファンの皆さんと一体となって優勝したいというのが目標。ファンの方の感謝の気持ちを感じたので、元気な姿を球場で見せてくれたなら、 “

遊撃手 西武玄田壮亮(3年連続3回目)

外野手 ソフトバンク柳田悠岐(二年ぶり5回目)

外野手 オリックス吉田正尚(3年連続3回目)

外野手 日本ハムマンション健介(初※指名打者で1回)

指定されたタイプ 西武栗山巧(初※外野手で3回)

(代表撮影)
(代表撮影)

セ・リーグのベストナイン

投手 巨人菅野智之(2年ぶり4回目)

「充実したシーズンだったし、コロナは難しいシーズンだったが、リーグ優勝することができたので満足して “

キャッチャー 巨人大卓三(最初)

「連覇できたのは本当に嬉しかったです」

一塁手 ヤクルト村上宗隆(最初)

一塁手 広島菊池涼介(3年ぶり2回目)

「皆さんいつも言うように大変なシーズンだった」

一塁手 巨人岡本和真(最初)

「いつかはベストナインを持ちたいと思っていたのでうれしいです」

遊撃手 巨人坂本勇人(3年連続6回目)

「開幕いるのか分からないでプレーすることができる喜びを感じながらプレーさせてくれ、1年優勝することができたし、ベストナインという良い賞を受賞することになって嬉しい」

外野手 DeNA佐野慶太(最初)

外野手 巨人丸佳浩(5年連続6回目)

「個人的には満足のいく数字は残さなかった。これを奨励来年頑張りたい」

外野手 広島鈴木誠也(5年連続5回目)

プロ野球
プロ野球「NPB AWARDS 2020(NPBアワード)」セ・リーグベストナインを受賞した選手たち= 2020年12月17日(代表撮影)

コミッショナー特別表彰

特別補償

ソフトバンク周東佑京

「光栄です。今年は、多くの方々に支えられ克服したシーズンでした。自分の成績を伸ばしていくことができるように努力したい」

盗塁記録周東佑京」多くの方々に支えられ、特別賞

プロ野球
プロ野球「NPB AWARDS 2020(NPB賞)」委員特別賞を受賞したソフトバンク周東(代表撮影)

パ・リーグ特別表彰

ソフトバンク工藤公康監督

最高の監督

「今シーズンは厳しい中で、多くの人の支持があり、開幕することができた120試合を戦い雌雄を決定することができました。」

工藤監督「多くの人の支援」最優秀監督賞を受賞

「NPB AWARDS 2020」で正力松太郎賞を受賞したソフトバンク工藤監督(代表撮影)

セ・リーグ特別表彰

巨人原辰徳監督

最高の監督

「1年間大変お世話になりました。ありがとうございます。身に余る光栄です。同時に素晴らしい選手を誇る結果だと思います。シーズンは野球の発展、そして勝利を目指し、しっかりと戦いたい。平和な世界が戻ってくることを祈り挨拶を代わりにする “

原監督が三最優秀監督 “野球の発展と穏やかな世界を”

「NPB AWARDS 2020」最優秀監督賞を受賞した巨人原監督(代表撮影)

巨人菅野由紀

リーグ特別賞

広島菊池涼介

リーグ特別賞

プロ野球
プロ野球「NPB AWARDS 2020(NPBアワード)」連盟特別賞を受賞した広島菊池涼介(代表撮影)

巨人戸郷翔征

新規参入のための特別の補償

「このような賞を受けて、非常に満足しています。何かの賞を持っても、ここに戻ってくることを望む」

巨人戸郷が三新人特別賞「うれしい」高卒2年目9勝

「NPB AWARDS 2020」の新人特別賞を受賞した巨人戸郷(代表撮影)

沢村栄治賞

正力松太郎賞

ソフトバンク工藤公康監督

「NPB AWARDS 2020」で正力松太郎賞を受賞したソフトバンク工藤監督(代表撮影)

Okano Akemi

「ベーコンオタク。ゾンビ中毒。ハードコアコーヒー愛好家。テレビマニア。音楽マニア。Twitterマヴェン。フードホリック。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close