スポーツ

柳賢振IOC委員コロナ19陽性

2011年5月12日ロッテルダム世界卓球選手権大会の男子4回転シングルスの試合で韓国のリュスンミンが中国の王皓との戦いしている。 REUTERS / Robin van Lonkhuijsen(オランダ – タグ:スポーツテーブルテニス)

東京、7月18日(ロイター) – 韓国から来た国際オリンピック委員会(IOC)委員がオリンピックのために東京に到着した後、新型コロナウイルスの陽性反応を示し隔離された。

2004年のオリンピック卓球男子シングルで金メダルを取ったリュスンミンが土曜日成田国際空港に到着した後、ウイルス診断を受けた。

IOCの広報担当者は、ロイター通信に「IOCはリュスンミンIOC委員が日本に到着してコロナ19陽性判定を受けたという事実を通知受けた」と述べた。

彼は「現在の隔離施設に滞在しており、日本当局が部屋を出て行くことができると決定するまで滞在する予定だ。

「IOCは、すべての手続きが適切に遵守されて事件を摘発したというニュースを聞いて安堵しました。迅速な快癒を祈ります。」

土曜日オリンピック組織委員会は、選手村でCOVID-19の最初の事例と、次の週に開始されるオリンピックと関連し、14件のその他の新しい事例を見て、「安全な」イベントへの取り組み、新しい疑問を呼び起こしています。 続きを読む

IOC選手委員会委員のリュ・ヒョンジンは、日本を旅行する前に、二度の音声判定を受けたと述べた。

韓国現地メディアは柳賢振がソーシャルメディアに投稿記事を引用して、「私は完全に無症候性であり、これはおそらく私の予防接種をしたという事実と関連があるだろう」と述べた。

「私とにより不便をおかけした組織委員会は、日本の主催国、IOCに謝罪。私の事例は、私たちのすべてを保護するために用意されたシステムが効果的であるもう一つの証拠だけです。」

2020年大会は、世界大流行により、1年延期され、ほとんどの観客なく、厳格な検疫規則の下で開催されています。

Sudipto GangulyとKarolos Grohmannの報告; Kim Coghill編集

私たちの基準: Thomson Reutersの信頼原則。

READ  G-7、「公平な世界のワクチンアプローチを誓うが詳細は不足している| 世界のニュース

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close