栗山秀樹、サムライジャパンのWBC優勝のための北海道パレードで栄誉を抱きました。

1 min read
読売新聞
栗山秀樹(中央)が29日、北海道栗山で開かれたワールドベースボールクラシック(WBC)侍ジャパンの優勝を称えるパレードで観客の歓呼に答えている。

札幌 – 今年のワールドベースボールクラシックでサムライジャパンを優勝に導いた栗山秀樹を称えるパレードが日曜日、北海道栗山で開かれました。

午前11時が少し過ぎた62歳の栗山さんは、約400mに達するパレードのために軽トラックの後、JR栗山駅前で出発した。

彼は手を上げて喜んで観客の歓声に答えた。 一部の行進客は感動していただきありがとうございます。

札幌市北区に住む10歳の少年はWBCを見て野球を始め、ボールに栗山のサインを受けたと話した。 少年は「マネージャーとして力強く見えたが親切だった」と話した。

栗山は、その姓と名が同じなので、村と特別な縁があります。 2012年監督で北海道日本ハムファイターズをパシフィックリーグ優勝に導いた後、2016年日本シリーズ優勝に続き3回目の栗山行進だ。

日曜日のパレードに先立ち、マナブ・ササキ市場は、栗山を町の名誉市民として追悼しました。

READ  新姿のAteneo、日本ポケットトーナメントデビュー戦でインドネシアを86打で制圧
Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours