技術

株式、会社ニュース、通貨、Covid、石油

シンガポール – 火曜日の米証券市場が一晩下落した後、日本の株式はアジア太平洋市場で損失を主導しました。

日本日経225は午前取引で1.54%、トピックス指数は1.36%下落した。

韓国コスピは1.15%、コスダックは2.04%下落した。

香港ハンセン指数は0.67%、ハンサンテック指数は1.12%下落した。

中国本土市場は、月曜日に下落した後、混雑を示した。 上海総合指数はフラットラインのすぐ下にあり、宣伝指数は0.3%上昇しました。

オーストラリアS&P/ASX 200 0.34%上昇

MSCIの日本を除くアジア太平洋株式の最も広い指数は0.63%下落しました。

火曜日はデータ面で静かですが、投資家は今週後半に発表される米国のインフレレポートと中国のGDPレポートを期待するでしょう。 韓国銀行も今週会う予定です。

月曜日の会社ニュースでは、日本の自動車メーカートヨタ自動車 元町工場で生産ライン1本中断延長 そのモデルの1つのリコール原因を調査する

今回の中断で約4,000台が影響を受け、グローバル生産計画は変更されないと会社は伝えた。 トヨタの株価は1.35%下落した。

CNBC Proの株式選択と投資動向:

米国の主要指数は、オーニングシーズンを控えて下落した。

ダウジョーンズ30産業平均指数は164.31ポイント(0.52%)下落した3万1173.84に締め切った。 S&P 500指数は1.15%下落した3,854.43、ナスダック総合指数は2.26%下落した11,372.60で締め切りました。

電気自動車メーカーNioの米国上場株価は、中国のコロナ19懸念で一晩ほぼ9%下落しました。

通貨と石油

READ  中国、国家戦略として希土類統制強化

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close