経済

株式市場:アジア株式ブレンド

北京 –

アジア株式市場は、2022年月曜日の米証券市場が2桁の上昇で締め切り、最初の取引日に混雑を示した。

香港は後退し​​、ソウルは勝利した。 日本、中国、オーストラリア市場は閉鎖された。

ウォールストリートのベンチマークS&P 500指数は、コロナウイルスのオミクロン変種に対する懸念が相変わらず金曜日下落したが、年間26.9%の上昇率で2021年を締め切りました。

ミズホ銀行(Mizuho Bank)のベンカテスワラン・レバニヤ(Venkateswaran Levanya)は、報告書で「新年楽観論が金融市場にどの程度反映されるかを置いてみなければならない」と述べた。

香港ハンセン指数は0.3%下落した23,332.13、ソウルコスピは0.3%上がった2,987.29で取引を終えた。

シンガポール、ジャカルタ、マレーシアが進出した。 タイ市場は閉鎖した。

また、月曜日、シンガポール政府は昨年の経済成長率が7.2%で、前年の5.4%減少から反騰したと発表した。

金曜日S&P 500指数は0.3%低下した4,766.18を記録しました。 ダウジョーンズ30産業平均指数は、0.2%下落した36,338.30を記録しました。 ナスダックは0.6%下落した15,644.97で取引を終えました。

エネルギー市場では、ベンチマーク米国原油はニューヨーク商品取引所の電子取引で1バレルあたり40セント上昇した米ドル75.61ドルを記録しました。 契約は金曜日に$1.78下落した$75.21でした。 国際原油の価格基準となるブレント油はロンドンでバレル当たり35セント上昇した78.13ドルを記録しました。 1バレルあたり77.78ドルで、以前のセッションで1.75ドル下落しました。

ドルは金曜日の115.09円から115.28円に上昇しました。 ユーロは$1.1383から$1.1344に下落しました。

READ  日本経済連盟、智子難波を初の女性副会長に任命

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close