株式投資のメリットとデメリット

Estimated read time 1 min read

株式投資とは

株式投資を最初に解説しておくと、将来性のある会社などに資金を出資して、利益を得ます。株式投資の特長として、株は必ず値上がりするものではなく値下がりする可能性もあります。さらに、利益だけではなく、配当金や株主優待などをもらえる可能性があります。ただ注意点が必要で、株式投資は預金と比較すると資産が減少してしまうリスクが高いということです。その代わりに儲かるチャンスもあるまさに一長一短があるのが株式投資です。

株式投資のメリット

外国株を含む株式投資には、4つのメリットがあります。

  • キャピタルゲイン
  • インカムゲイン
  • 株主優待
  • 会社の意思決定に関わる

それでは、もう少しふかぼっていきます。

キャピタルゲイン

株式はチャートを想像すると理解が深まりますが、日々価格が変動しています。例えば、新薬などの開発で業績が上がると考えられている会社は価格が上昇します。

株式を購入した後で売却できれば、値上がりした分の売却益がもらえます。これをキャピタルゲインと言います。初めて株式投資をする方はこのイメージが強いのではないでしょうか?

インカムゲイン

初めての方は少しイメージしにくいと思いますが、配当金は会社が得た利益の一部を、私たちのような株式を購入した方に分配するシステムです。ですので、インカムゲインはそこまで高くないのですが、それでも配当金がもらえます。

配当金は株を購入した方が決めるのではなく、企業の判断になります。ただ、株式を購入する前からどれくらいのインカムゲインをもらえるかは確認することができます。

株主優待

株主優待は、無料券のようなイメージです。例えば、飲食店を経営する企業の株式を購入し保有している場合、その企業がお礼として優待券(例えばコーヒー1杯無料)をもらえます。これを株主優待と言います。

この株主優待は企業によって全然違うので、確認するといいでしょう。株式を購入する前にあらかじめ確認できるので、できれば株主優待が手厚いところがいいでしょう。

会社の意思決定に関わる

株式を購入し保有していると、株主総会などで自分の意見を言うことができます。それが全て反映されるわけではないので注意してください。ただ、会社の株主は株式保有者なので、そのような権利が与えられています。

株式投資のデメリット

損失が出る可能性

株の値段は上がる可能性もあれば下がる可能性もあります。また、ある企業の不正が発覚した場合はその株式が0円になることさえあるのです。株式を購入する前にどれだけのリスクなら許容できるかをしっかり考えておきましょう。

また、外国の株式を購入する場合、「為替変動リスク」・「カントリーリスク」などのリスクもあるので、運も味方につけなければいけません。リスクを取ると大きく勝てる分、大きく負ける可能性もあります。それが株式投資のデメリットです。

まとめ

株式投資は、株式の売却益や配当金などで利益を獲得していくものです。しっかりご自身で戦略を考える必要があります。パチンコ・スロットのギャンブルまでいかないですが、ギャンブル要素もあります。しかし、会社が設立されて100年以上経っているなど、リスクを回避することも可能です。株式投資を行う際は、損失に対するリスクマネジメントを計算した上で行いましょう。

 

READ  シルバーストリームと三井、日本で船の脱炭素化を推進
Mochizuki Masahiko

ソーシャルメディア実務家。極端なトラブルメーカー。誇り高いテレビ愛好家。受賞歴のあるポップカルチャーホリック。音楽伝道者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours