核融合エネルギー実証と商用化を加速するための戦略的パートナーシップに関するDOEと日本教育科学技術部との共同声明

Estimated read time 1 min read

米国エネルギー省(DOE)と日本文部科学省(MEXT)は、核融合エネルギーの実証と商業化を加速するために、新しい主要な戦略的パートナーシップを締結することにしました。 。 この新しいパートナーシップは 商用核融合エネルギーに対するアメリカの大胆な10年ビジョン そして 新核融合発展時代の国際パートナーシップ戦略日本もそうです。 核融合エネルギーイノベーション戦略

核融合エネルギーは、炭素排出ゼロを達成し、エネルギー安全保障と回復力を強化するための世界的な努力を変える可能性を持つ低炭素、安全で持続可能で信頼できるエネルギー供給を提供することができます。 これはかなりの社会的、経済的利益を提供することができます。 これらの利点を完全に実現するには、適切な規制、社会、および市場政策とともに残る重要な技術的課題を克服する必要があります。

米国と日本は、両国政府間の協定により、核融合エネルギー調整委員会(CCFE)が主管する交換プログラム、共同研究、共同企画など、核融合分野で長年の協力活動を続けてきました。 科学技術研究開発協力に関する米国と日本政府(STA)1。 両国は核融合エネルギーを実現するために科学技術の格差を解消することを目指す大規模な多国籍プロジェクトであるITERにも参加しています。

この新しいパートナーシップはCCFEを活用し、各国の大学、国立研究所、民間企業など、米国と日本の資源と施設の間の補完性をさらに発展させることが期待されています。

このパートナーシップは、次の要素に焦点を当てています。

  • STAに基づいて行われる活動を通じて、様々な核融合システムに商業的に実行可能な核融合エネルギーを伝達する科学的、技術的課題を解決する。
  • 融合の研究開発に必要な施設の共有アクセスおよび/または開発機会を探索し、どのように調和して戦略的なアプローチが米国と日本の価値を最大化できるかを学びます。
  • 米国原子力規制委員会の規則制定努力と国際原子力機関(IAEA)の後援の下で進行中の議論を含む、規制フレームワーク、コード、標準の国際的調和を促進します。 Agile Nations 核融合エネルギー実務グループ;
  • 商業核融合の展開を促進する弾力性のあるグローバルサプライチェーンの開発を特定し支援し、各国の核融合産業グループ間の議論を歓迎し検討する。
  • 核融合エネルギーの配置のための社会的許可を促進し、公平なクリーンエネルギー転換を支援するために、地域社会との国民参加を支援します。 そして
  • 今後10年以上、融合部門が求める強力で包括的で多様な人材に必要な人材と人材の成長を確保するため、技術開発を促進します。

DOEとMEXTは、DOEとMEXTが共同議長を務めており、今後数ヶ月以内に会うと予想されるCCFEを通じてこの戦略的パートナーシップ作業を推進する計画です。 CCFEは、世界の将来のエネルギー供給の不可欠な部分である核融合エネルギーの共有ビジョンを実現するために、優先的な日米協力の機会を特定し説明することが期待されています。

READ  中国、Zhurong Mars Rover映像公開
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours