技術

核被害補償補償条約締約国および署名局第2回会議招集

2015年のCSC発効後、2回目の会議のために核被害補償補償条約(CSC)締約国および署名国が招集されました。 以前にCSC締約国の事務局の要請を受け入れたIAEAは、2022年5月31日から6月2日まで会議。 カナダのオタワで開催された2019年6月、CSC当事者および署名者の設立会議で、参加者は会議を定期的に開催する必要があると判断しました。

2番目のCSC会議は、CSC締約国と署名局との間の実行問題に関する対話と、世界中のCSC参加を促進するための協力を奨励しました。 「今ここに特別な機会があります。 原子力は、10年余りで初めて気候変動と純ゼロ目標を支援する核心技術で大衆の話に結びつきました。 クリーンエネルギーとエネルギー安全保障への推進力が生み出したこれらの勢いにもかかわらず、国際原子力法の基本的な側面の1つである原子力責任条約構造は依然として国家間の関係のパッチワークです。 。 彼は「これは私たちが持っている課題について話し合い、コミュニティとして解決すべき物語の良い場所です」と強調しました。

CSCは1997年のIAEAの後援の下で採択され、現在11の締約国と11の署名国があります。 この条約は、原子力被害に対する民事責任に関する既存の国際条約の1つに加入したり、その条約の基本原則に準拠した国内立法を施行するすべての国のための「傘」の役割を果たすことを目指しています。

IAEA法務室の核・条約法部門長であるWolfram Tonhauserは、開会会社は「CSCは原子力被害に対する民事的責任に関するグローバルな枠組みを構築する上で重要なビルディングブロック」と述べた。 国際原子力責任に関する国際専門家グループ(INLEX)の2012年の勧告を参照して、世界の核責任体制を促進するための措置について、Tonhauserは次のように述べています。 パリ条約またはウィーン条約に属する国家間の条約関係を確立する共同議定書はそのまま維持しています。

9つの締約国および署名国で、24人の代表が参加者および専門家にも部分的に公開された2回目のCSC会議に参加しました。 参加者は、国内の原子力責任制度に関するプレゼンテーションを行い、追加の資金調達メカニズムの運営面やCSC参加拡大機会などのトピックについて議論しました。 第3次CSC会議は2023年に日本で開催されます。

READ  Pixel FoldとGalaxy Z Fold 4には明らかに共通点があります。

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close