桑木志保と波多岡ねじがジャパンクラシック順位表で1位を獲得しました。

Estimated read time 1 min read

AP通信2023年11月4日午前06:04(ET)1分読む

日本大見玉 – 日本ゴルファーの桑木志保と波多岡ねじが土曜日、それぞれ6アンダー波66打を打ち、LPGAジャパンクラシック3ラウンドで1打目の先頭に立った。

二人は3ラウンドで20アンダー波196打を記録した。 2人の日本人は2ラウンドでも共同リーダーを維持した。

日本のモネ稲波は65打を打ち、1打遅れ、同僚日本人の神谷荘は日本中北部太平洋クラブでやはり65打を打って2百遅れました。

上部付近には4人の選手が4発だけ遅れていて4人の選手が5発しか遅れていない混雑したフィールドがあります。 2番目のグループには、土曜日に65打ったアメリカ人Rose Zhangが含まれています。

ディフェンディングチャンピオンのスコットランドのGemma Dryburghは、68打以降8打を記録しました。

READ  最高のマスターブレンダーが日本のウイスキー激変に重量をシルダ
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours