理科

梅原雅顕教授と山田孝太郎教授が2020年度の日本の数学協会賞推計賞を受賞| ハイテクニュース| 東京工業大学

東京工業大学情報理工学院数学・計算科学の梅原雅顕教授と科学技術院数学系の山田孝太郎教授が一般社団法人日本数学協会の2020年度の日本の数学協会賞推計賞を共同受賞した。

受賞対象となった実績は次のとおりです。


退化した光に直線からなる曲面

性能のトピック

特異点を持つ曲面とローレンツ・ミンコフスキー空間の曲面の微分幾何学
(英訳:Lorentz-Minkowski空間で特異点と表面の表面の微分幾何学)

日本の数学協会賞推計賞、日本数学会のメンバーで、優れた研究を行っていた数学者、またはグループに年齢制限なしに、毎年与えられる数学学術であり、日本の数学社会で最も権威のある賞の一つです。
東京工業大学で2011年にニッキー明仁教授(受賞当時、現在は名誉教授)2016年森田茂之名誉教授が受賞しています。

授賞式と受賞講演は例年、日本数学会秋季総合分科会で行われるが、2020年には新型コロナウイルス感染の影響からオンラインで9月23日に行われ、日本数学会の会員専用のWebサイトで提供されました。
受賞した梅原雅顕教授と山田孝太郎教授の業績を紹介雑誌「数学」で行われます。

オンライン授賞式に出席した梅原雅顕教授(左)と山田孝太郎教授

梅原雅顕教授のコメント

梅原雅顕教授
梅原雅顕教授

専門は微分幾何学であるが、特にガウス曲率一定曲面または平均曲率一定曲面とその高次元化について研究しています。 曲面は、目に見える対象なので、見やすくカバーに見え実は非常に深く、研究テーマに宮ません。 例えば、極小曲面(平均曲率がゼロの曲面)は、古くからワイヤーに貼り付ける石鹸膜する曲面で知られている関数の理論など密接な関係があります。 その中でも特に、そこに生じる特異点に注目すると興味深い問題が多く発生することです。 また、特殊相対性理論の舞台であるローレンツ・ミンコフスキー時空に目を向けると、平均曲率一定曲面に特異点が実に頻繁に表示されます。 そんな曲面が特に退化した点を持つ、1つの光の軌道を補充してしまう形のまとめ山田さんとの共同研究で証明数学的に興味深いアプリケーションを与えたことが評価された一つの成果だと思います。

山田孝太郎教授のコメント

山田孝太郎教授
山田孝太郎教授

長年の共同研究をささげてい梅原氏との仕事をこのような形で評価されたことを非常に嬉しく思います。 事実、1995年に、梅原氏と共同で「日本数学会幾何賞」を受けましたが、その当時、国内で数学の共同研究は、あまり活発ではないでした。
振り返って今の数学の研究を展望すると、さまざまなグループが共同研究を通じて、豊富な成果を収めており、研究の幅がますます広がっているようで、隔世の感があります。
幸いなことに、我々は多くの皆さんとの共同研究を進めて来ることができました。 しかし、まだやるべきことが多いようです。 これからもよろしくお願いします。

関連リンク

READ  論理発言は「ピラミッド構造」で組み立て| グローバルモード| ダイヤモンドオンライン

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close