エンターテインメント

梨沙の日本湯浪・草津温泉:まだ昔の思い出を思い浮かべる温泉街

群馬県草津温泉から始まった民謡「草津陽東子一堂とおいで」に全面的に同意します。

日本全域に温泉が散らばっていますが、私の本に出てくる「温泉街」村の雰囲気と精神を維持したところは多くありません。

1980年代末と1990年代初め、日本の泡経済期間中に熱い鉱泉水の祝福を受けた場所に多くの大型ホテルが生まれました。

この旅館とホテルは、喫茶店やコーヒーショップでリラックスできるあらゆるニーズを提供することでゲストを集めました。 エンターテイメントのためのカラオケ、バー、ゲームセンター。 お土産を買う店。 時間と曜日に応じて男性から女性に変わる複数の屋内と屋外の浴槽。 そして鉄道駅からホテルまでのドアツードアシャトルバスサービス。

結果? 彼らは古い温泉街を破壊しました。

熱い「満州」菓子が入っている正方形の木箱や地面に割れた隙間から蒸気が湧き出る路地を通るカップルや家族はもう必要ありません。 もはや下田サンダルと旅館の名前が印刷された「浴衣」(カジュアルな綿の着物)を着用し、ショッピングや娯楽のために小さな施設を訪れる人はもういません。

私は30年前に草津温泉を訪れました。 過去の場所を再訪することはしばしば失望につながった。

精神を失わなかったのを見ると安心になりました! 草津温泉は日本で最も活火山である浅間山と白根山の間に位置しています。

これらの山々は、村のすべての温泉水の源である湯畑の中心部に流れるミネラル豊富な温泉水を提供しています。 ユバタケとは「熱い水畑」を意味します。

畑で野菜を収穫する際、湯畑で「湯の花」(硫黄で洗った花)を収穫し、入浴剤として販売します。 草津という名前は草西水、つまり悪臭を漂う硫黄水に由来したそうです。 配管のお湯は湯竹に集中し、少し冷やされ、その地域の温泉に向かいます。

草津温泉は、ドイツ医師によって明治天皇エルビンバルツ(1849-1913)によって有名になりました。 Balzは日本の近代化のために雇われた臨時外国政府のアドバイザーである「おやといgaikokujin」でした。 彼は水の医学的利点を高く評価した。

一部の温泉では、毎日女性たちが「草津陽子」の歌を歌い、お湯を冷たい水で希釈せずに180cmの木の炉で冷やす「湯もみ」(水たっぷり)公演があります。

草津温泉は、過去の湯の花と温泉街がまだ花を咲かせている珍しい宝石です。

* * *

ワシントン生まれであり、東京を拠点とする写真家Lisa Vogtのこの記事は、もともとAsahi Weekly 7月17日に掲載されました。 明治大学教授の作家の視点として、全国各地を描いたシリーズ「リサの日本放浪」の一部です。

READ  防弾少年団「Film Out」の歌詞英語で意味:日本語の歌詞の翻訳

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close