スポーツ

棒高跳びチャンピオン、東京オリンピックの後に重量

オリンピック棒高跳びチャンピオンであるカテリーナステファニーディはコロナウイルス感染症のイベントを延期するように電話を受けてからほぼ1年ぶりに東京オリンピックを早めることを強く言いました。

ステファニーディは日本の共同通信にファンがないことよりも、オリンピックを開けない方がいいと言って選手が圧倒的に競争に有利と考えた。

全世界的にコロナウイルスの事例が急増し、7月に開始される予定である2020年のオリンピックの演技に対する疑問が再び生じました。 東京が緊急事態に直面している中での世論調査によると、日本の支持が急減しています。

世界陸上選手委員会の委員であるステファニー・ディは、「観客なしでオリンピックを払わなければならならオリンピックを最初から持たないよりましだろう」と語った。

ステファニーディは、国際オリンピック委員会が、3月のオリンピックを延期することにした前例のない決定を下す前に、選手たちの安全に対する懸念を表明しました。

「IOCは、私たちが毎日訓練するために、私たちが健康、家族の健康と公衆衛生を継続リスクに陥れるをか? ” 彼女は当時ツイートしました。

30歳の彼は、当時の世論調査に参加した世界陸上選手の約80%が、オリンピックのキャンセルまたは延期を支持したと述べた。

しかし、彼女は再び要求すると、80%がオリンピックに賛成すると思います。

彼女は「昨年、私たちは、ウイルスについては全く知らなかった状況とは非常に異なる状況だと思います。」と言いました。

金曜日、日本政府は、関係者がオリンピックキャンセルが避けられないと見ているという報道をよりタイムズに否定した。

米国、カナダ、オーストラリア国家オリンピック委員会もまだ東京のために選手を準備していると強調しました。

ステファニーディはまた大会が中止されているよりも、観客なしで行われることを好むと述べた。

「私たちはいくつかの観客と一緒にオリンピックを持つことができる場合は、当然、より良いでしょう…私に最悪のシナリオは、完全にオフにすることです。」彼女は言った。

amk / kaf / th

READ  マスターズノート:初めて日本はオーガスタの指導者の本拠地です。

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close