トップニュース

森の中に戻る:日本は48年の間、ほとんどの国産木材を使用します。

TOKYO – 住宅建設産業は、ファンデミク期間中、事実上停止にも関わらず、昨年、日本は1972年以降で最も高い国内生産の木材を使用していました。 その理由は、より広範な脱炭消化運動の一環として、より多くの量の木材を焼きました。

しかし、48年の間に、最高レベルの木材自給率にもかかわらず、いくつかの業界では、日本の生産量を多く増やすために、より多くの措置が必要であると述べています。

日本の木材産業協会連合会の関係者は、「植樹と活用の間の循環を促進するために、木材の使用量を増やさなければならない」と述べた。 「中高層ビルなどの新規需要の創出を期待」

2020年、日本全体の使用量の41.8%を国産材が占め、前年比4ポイント増加した。 総日本の製材生産量は2020年に0.5%増加した3,115万cuです。 メートル。

しかし、建築材料に使用される木材製品の生産量は1580万cuで10.3%減少しました。 メートル。 これは、年に建設に入った新規住宅が9.9%減の815,340軒に達したからです。

した製材問屋販売元は「日本の自給率の上昇は、不規則な現象」と述べた。 「その数値が示唆するように、需要が増加したようには見えません。」

輸入製材供給も15%減の4,330万個に減少した。 マーケティングや住宅建設業者の海外購入が大きく減り、製紙産業の需要も萎縮した。

日本政府の目標であった木材建設製品の国内生産の増加ではなく、主にバイオマス燃料の需要増加に自給率が高まりました。

バイオマスは、成長し大気から二酸化炭素を吸収する植物で構成されているので、化石燃料よりも炭素集約的なエネルギー源であると考えます。 バイオマス発電所を含む木材燃料の生産は、2020年893万cuで28.8%増加した。 脱炭消化の世界的な推進力が増加する中でメートル。

しかし、日本の製材市場は今年初めから急変した。 米国の住宅建設ブームが日本での出荷を圧迫して、ここで、いわゆるウッドショックを引き起こした。 日本企業は今、その格差を埋めるために、国内の木材を探しています。

10月1日には、公共の建物だけでなく、民間部門の建設にも木材の使用を奨励する新しい法律が発効されました。

日本は現在、木材の供給過剰がほとんどありません。 木を切るボルモククンが不足して林道が十分に速く、建設されていない。 加工工場も容量を拡張するために時間が必要です。

1〜6月の建設資材工場での原木出荷量は約6250万cuに至った。 日本の農林水産省によると、メートル。 この数値は、1年前より1%増加したが、コロナ19以前の2019年の同期間より7%低い水準だ。

日本のヒノキは、現在、国内の木材供給が追いつく難しく、多くのバイヤーが手の届かない23年ぶりに最も高い価格で取引されています。 日本の生産能力拡張は、建設部門が日本の自給率を高める中核となるでしょう。

READ  新型コロナ都内171人の感染| NHK首都圏ニュース - NHK NEWS WEB

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close