世界

植草一秀の「金融変動線」 – 2020年オクトーバーソプライジュウン何か – | 市況 – 株探ニュース

植草一秀(スリー国連リサーチ株式会社代表取締役)

第43回2020年オクトーバーサプライズは何か

●所信表明のない内閣発足

安倍首相の突然の辞意表明に伴う内閣交換がすぐに確定し、9月16日、第99代首相菅義ウェイ氏の内閣が発足しました。 この内閣交換劇のシナリオは、かなり早い段階で綿密に練りされていたのです。

東京都の小池百合子道知事が都内の飲食店などの営業自粛要請を解除した6月19日、安倍首相は、自分の飲み会を解禁しました。 阿部、麻生、甘利菅直人の3A + S 4人虎ノ門ホテルで会食しました。 事実、3年前、2017年7月2日にも、この4人の飲み会飲み会で2ヶ月後に2017年9月衆議院が解散され、10月に総選挙が実施されました。 今回も政局の機微に触れる問題が議論されているようです。 この時から、安倍首相は辞意を示唆したということです。

最大の課題は、次期総選挙で大敗を避けること。 森にかけて桜コロナ対応失敗現職国会議員3人逮捕支持率急落の現実に直面し、取り出すを図る方策が練りされたものと見ることができます。 辞任を美談にして上げて苦労した人が首相に上り詰める成功事例を御用マスコミが流布して見事に茶番劇が上演されました。

派閥のバランス、論功行賞を基軸とする総選挙の「緊急一時内閣」が発足しました。最大の焦点は、総選挙の時期に集中しています。政権発足直後の解散が想定されたが、菅首相はどんな実績を示し衆院を解散して12月に総選挙を実施するシナリオを描いているようです。内閣改造の臨時国会は3日に閉会されてしまったため所信表明もされていない事態が発生しています。

●過剰流動性相場

GoTo旅行事業は、菅氏苦しめる政策でした。 菅内閣発足と同時にGoTo旅行に東京都が含まれているポリシーが分かった。 境界解除受け入れた市民は、9月19日から4連休に一斉に移動行動を拡大しました。 人の移動状況を示す指数は爆発的に拡大したが、これは4週間後に、新規陽子数に反映されるものと思われます。

臨時国会は、10月下旬に召集される見通しで、菅首相は、11月に衆議院を解散し、12月の総選挙を行わシナリオを描いているものと推定されるが、10月中旬から新規陽子数が急増すると、総選挙のシナリオが崩壊することができています。 国会では、GoTo旅行事業による感染拡大の責任が問われることがあります。 攻撃総選挙実施のシナリオが一転して防戦一方の国会運営に転じる可能性を否定し切れません。

今年7 – 9月期のGDP統計が11月16日に発表されます。 4 – 第2四半期のマイナス28%成長の反動で大幅プラス成長の数値が発表される見込みです。 この統計数値と第3次補正予算を看板に掲げて選挙に臨むシナリオが用意されていると思いますが、コロナによってシナリオが全面切り替えかもしれません。

日本の株価が堅調である大きな背景に、政府の大規模な信用創造ます。 コロナウイルスに資金調達支援などの名目で事実上無利子・無担保ローンが激しい勢いで作成されました。 この資金が株価を支える重要な要因となっていると思います。 しかし、経済の低迷が長期化すると、巨大な女神が不良債権化することです。 過剰流動性相場の反動に強い警戒が必要です。

●米国大統領選挙の行方

米国の大統領選挙は、州ごとに勝敗を決定しています。 勝者が主に割り当てられた選挙人団を独占して獲得選挙人数で次期大統領を決定します。 勝敗を分ける共和、民主勝者が変わる競合週=激戦州です。 2016年は、トランプが激戦州で一斉に勝利差でクリントン候補を圧倒した。 ところが、2018年の上院選挙で多くの激戦州で共和党が敗北しました。 この流れが維持されるトランプは敗北になります。

各種の調査でバイデン候補の優勢が示されており、トランプ大統領は焦燥感を強化しています。 大統領選挙がある年の10月に発生し驚きをオクトーバーサプライズというが、今年はどんな異変が生じるのでしょうか?

このような状況では、最高裁ギンズバーグ氏が死亡しました。 米国最高裁判所は、終身制判事の交換頻度は非常に低いです。 大統領が任命するため、大統領の所属政党によって裁判官の特性が変化します。 現在は保守5人、教養4人の構成であるが、この5対3でました。 次の裁判官は、新しい大統領が指名することが慣行であるが、トランプ大統領が大統領選挙前に指名を強行しようとしています。

現在5対3だからパニックありませんが、保守性向のロバーツ長官が途中でトランプ大統領の意向に沿って判断を表示しないことがあり、トランプ任命強行を狙っているのです。 大統領選挙の敗北後メールで投票に不正があったと訴訟を提起する態勢を整えています。 その際、最高裁が自分に有利な判断を示すことを目的としています。

●青い境界

最高裁判事の人事権を持つ上院は共和国53代民主47で議長がフェンス副大統領のために3人の離脱票が出てもトランプ大統領は指名案を上院通過を実現することができます。 投票結果に基づいてトランプ大統領が敗北した場合、選挙結果をめぐる混乱が長期化することが予想される状況です。

大統領選挙に大きな影響を与えることが投票日直前のTV討論です。 TV討論は9月29日、10月7日、10月22日3回予定されています。 水中データなしのスピーチに精通していることは、トランプの大統領です。 バイデン候補は、高齢者のスピーチ能力の低下が懸念されており、その影響が表出ないかどうかを視線集中の一つです。

議会での承認が難航していた1兆ドル規模の追加経済対策は、決定が持ち越されるようになりました。 雇用統計では、5月以降272万人、478万人、173万人、137万人の雇用増加が発表されてきました。 雇用者数の大幅増加が米国の景気回復期待を支える重要な要因として機能してきました。

しかし、9月16日FOMCで米国経済の本格的な回復に3年以上の時間がかかる見通しが示された。 金融緩和政策は継続されますが、FFレートはすでにゼロまで引き下げられており、追加のポリシー発動の余地が極めて限られています。 その米国の景気回復にくずれたが表示されるかどうか。 10月2日に発表の9月の雇用統計に注目する必要があります。

日本の株式市場ジアイイ非常に強いが、そこには健康であるとは言えない理由があります。 安易な楽観を戒める必要があります。

(2020年9月25日記/次は10月10日配信予定)

⇒⇒ 「金利・為替・株価特報」サブスクリプションのご案内はこちら

⇒⇒このコラムをお読みの上、より詳細な情報を入手したい方は、 「金利・為替・株価特報」の登録をお勧めしています。 毎号参考歳銘柄も含まれています。 よく検討してください。 (スリー国連リサーチ株式会社代表取締役植草一秀)

株探ニュース

READ  IMF、今年の世界成長率見通しを上方修正 - コロナ前の水準回復には時間 - Bloomberg

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close