スポーツ

楽天サブ3連敗上位5連勝で日前の3つの要因 – プロ野球:日刊スポーツ

西武台楽天9回厳しい表情で戦況を見つめる楽天三木監督(前第二)(撮影・滝沢哲郎)

<더 핀 포인트>

<세이부 6-2 낙천> ◇27日◇メットライフドーム

3位ラクテンガ4位西武に痛恨の3連敗を喫した。 先頭ソフトバンクに2勝1敗で2位ロッテに3連勝。 今季初の5連勝で所沢に搭乗してきたが、一時2.5まで、今回のロッテとのゲーム差を再4・5波に乗ってなかった要因はどこにあったのか。

(1)打線の沈黙の前にカードの合計20得点を挙げた打線は今カードの合計7得点との接続が不足している。 柱の3回浅村が3試合計11打数無安打7三振。 この日は、4点を追う5回2死1,2塁で西武松本の増加145キロの直球に空振り三振の4三振を喫した。 7三振のうち5三振の決定球が直球。 西武バッテリーの大胆な攻撃に封鎖された。 三木監督は「浅村に支援を受けたことも多い。明後日からしっかりしてくれるだろう」と変わらない信頼を寄せるが、チームの負傷主砲の回復は不可欠である。

(2)キラー部材西武で打率4割3分3厘、4本塁打、18打点を誇る「山賊キラー “蚊の不在も響いた。 26日の試合前に腰の弾力を訴えベンチがしたが、万が一に取って見てみたい。 この日はベンチにメンバーも外れた。 指揮官は「治療体調を整え回復の日に合わせた「17日から8試合連続4回に入ったと主張復帰が待たれる。

(3)大外国人2人の傭兵を抑制できない。 メヒアは9打数4安打5打点スパンジェンバグは11打数5安打2打点。 対策を練り、この日は、高い釣り球を活用しても2回選抜滝中メヒアにかかってボールを2点タイムリー二塁打となった。

29日からソフトバンクとのホーム3連戦を控える。 最初のゲームの先発は4日、オリックス戦時中にベンチ裏で倒れ、右手の負傷則本昂が有力だ。 第2戦はユイ、第3戦は、松井が準備する。 シーズンの行方を左右する3試合になる。[쿠와 바라 幹久]

READ  シティー監督グアルディオラ、プレミアリーグでより少ないチームを要求

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close