技術

楽天市場、インドのB2B技術部門への進出、新製品発売

楽天市場グループのバンガロールベースの技術のハブであるRakuten IndiaはB2B技術製品で、インドで初めて進出し、新しい「顧客のためのコード「観察プラットフォームであるRakuten SixthSenseをリリースしました。

インドで開発されたRakuten SixthSenseは開発から業務に至るまで、IT環境全体のエンドツーエンドの可視性を企業に提供しています。

Rakuten IndiaのCEOであるSunil GopinathはSixthSenseの発売は、70以上のグループ会社と協力して得た経験とフィードバックの頂点と言いました。

「当社の製品発売は、インドITリーダーのため解決するために探しており、これは世界的な発売のために製品を引き立てて品質を検証することです。 インドの企業が成長する顧客ニーズに対応するために、既存のIT環境の大幅な変化を主導することにより、この地域は、常に優れたエンジニアリング人材のハブであり、興味深い成長の機会を提供する成熟した市場であるため、最初のリリース市場で、インドを選択しました。 また、バンガロールに大規模なR&Dセンターがあり、地元の顧客をより効率的に革新してサポートすることができます。」とGopinathが付け加えました。

Rakuten Indiaは、日本以外のRakutenの9つの技術のハブの中で最も大きな規模で、2014年からRakutenの70以上のさまざまなビジネスに構成されたRakutenグローバルエコシステムのためのソリューションを開発する重要な技術のハブでした。 国からのサービス。

Rakuten SixthSenseのB2B技術製品の市場投入は、これらの経験、インテリジェンスと学習の頂点です。 Rakuten SixthSenseは、インドで発売されており、徐々に他のグローバル地域で発売される予定です。

ビジネス全体で生成されるデータが大幅に増加するにつれて、特に継続的に変化するデジタル環境でのビジネスが競争力を維持するために、より速い速度でより高いROIデータから洞察を収集する必要が緊急の要求があります。

Rakuten SixthSenseを使用すると、組織内のITシステム、アプリケーション、およびビジネスへの影響全体のデータを完全に見ることができ、オペレーティング結果に基づいて、継続的な改善が可能です。 SaaSプラットフォームとして、顧客に速度を提供すると同時に、成長に伴う支払いモデルは、顧客に価値と投資のバランスを提供しています。

Rakuten SixthSenseは戦略的な取り組みであり、内部および外部の顧客を開発し、サポートするために努力する専門エンジニアセットを保有しています。 チームはすぐにエンジニアや製品開発者の数が大幅に増加すると予想されます。

Rakutenのグループ統括副社長、CIOと最高情報セキュリティ責任者のYasufumi Hiraiは次のように言いました。 Rakuten Sixth Senseを通じて、私たちは、市販のモデルで高価な不透明なソリューションに代わるものを提供しようとします。 データ科学とAI分野の強力な機能を使用してRakuten Sixth Senseは、これを差別化する高度な機能を提供します。 Rakuten SixthSenseがかなりの収益になると期待します。

Rakutenのグローバルな技術ハブに貢献しています。 “

Rakuten Indiaは1500人の従業員を保有しており、今後2年間2,000-3,000人の従業員を追加する予定です。

親愛なる読者様、

Business Standardは、お客様が関心を持って国家と世界に、より広範な政治的、経済的影響を与える発展に関する最新情報とコメントを提供するために、常にハードに努力してきました。 製品を改善する方法についてのあなたの励ましと継続的なフィードバックは、これらの異常のために、私たちの決意と約束をさらに堅固にしました。 Covid-19に起因するこれらの困難な時間の間にも、私たちは、信頼できるニュース、権威ある見解と関連するトピックの鋭い論評で情報を提供して、最新の情報を提供するために継続最善を尽くしています。
しかし、要求があります。

ファンデミクの経済的影響と戦っている今、より多くの質の高いコンテンツを提供し続けることができるようにあなたの支援がさらに必要です。 私たちのサブスクリプションモデルは、私たちのオンラインコンテンツを購読した多くの皆さんのゴム的な反応をしました。 オンラインコンテンツをより多くのサブスクリプションと、より良く関連性の高いコンテンツを提供するという目標を達成するのに役立ちます。 私たちは、自由、公平で信頼性の高いジャーナリズムを信じている。 より多くのサブスクリプションを通じたあなたのサポートは私達が献身するジャーナリズムを実践するのに役立つことができます。

良質のジャーナリズムをサポートして ビジネス標準に登録

デジタルエディタ

READ  宇宙旅行の後のペイロードを回復する最初の個人、日本ランチャー

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close