スポーツ

楽天怒江に腰を集めており、打たない/田村不二雄 – 田村不二雄農場レポート – 野球コラム:日刊スポーツ

<팜 리포트 : 미야자키 피닉스 리그 (15)>

<미야자키 피닉스 리그 : 한신 3-1 낙천> ◇17日◇山マリンスタジアム宮崎

日刊スポーツ評論家田村不二雄氏(61)が母校関東第一の後輩に愛情を込めたドライ声援を送った。 楽天の15年ドラフト1位、プロ5年目怒江ルイ外野手(23 =関東第一)の腰が終了した打撃を逃さなかった。

野球界のかわいい後輩だ。 バッティングを見て正直「エッジ」と思った。 状況説明より先に、まず怒江に言ってあげたい。 「ストライクをずらし、腰が引けているようであれば打つことができない。」 この言葉にある。

4打数1安打だった。 第2打席はフルカウントから阪神18年ドラフト4位、プロ2年目右腕斎藤佑樹祐也(山形中央 – イン横浜大 – ホンダ)の少し抜け中間に入ってきたスライダーをスッと避けるような動きで見過ごさ三振。

第3打席はカウント2-2から外側スライダーを空振り三振が1-0でインコースからの着信スライダーを再腰が引けた感じで過ごし。 これはチャンスボール。 日よけては、話にならない。

第2打席でも3打数もそれぞれのスライダーを投げた瞬間ウムチルワ体が反応していた。 ボールを最後まで見ていなかった。 これでボールを把握していない。 ボールの放棄をすぐにせずに、最後までボールに集中しなければ。

本人も知ってますが、ここにはあえて指摘しておく。 インコースのボールの怖さがあれば、絶対に打つことができない。 私は現役時インコースを使用して、打者に恐怖心を植え何とか打ち取ろ必死だった。 それ請願だろうが外国人選手だろうが。 打者のインコースを厳しく攻撃して上体を起こすこと外郭に変化球が生きてくる。 高校野球少年でも知っている。

ましてやそこまで難しいインコースのボールはなかった。 それ退いており、自分に塗り機会を拭いている。 多分、過去に四球があり、恐怖を振り切ることができないかもしれない。 といってもそれは克服しなければならない。 そうでなければ、プロで活躍するのは至難のわざだ。

第4タソクヌンカウント1-1から18年ドラフト5位プロ2年目左腕カー・ルー(20 =創成館)の外部側直球を右越えフィルター。 外部ボールにスイングは非常に強力だった。 それだけ外部のボールに意識が、インコースは意識が薄かったり、嫌いなのかという印象が残った。

この日の打席で右脇を空けてバットを振っながらタイミングを持っていた。 試しだろうと感じている。 スイングは悪くない。 甲子園で一躍注目ドラフト1位に入ってすでに5年である。 1軍での実績はまだない。 期待するほど弱い姿で停止言葉熱くなってしまった。 ただ、今の状態では、腰が引けているようであれば打つことができないだろう。 この言葉をよく吟味してください。

私宮崎フェニックスリーグ最終日は18日、ヤクルト – 阪神(アイビー)でレポートする予定だ。 (日刊スポーツ評論家)

READ  東海大菅生 - 関東第一外/秋東京準決勝速報中 - 高校野球ライブ速報:日刊スポーツ

Okano Akemi

「ベーコンオタク。ゾンビ中毒。ハードコアコーヒー愛好家。テレビマニア。音楽マニア。Twitterマヴェン。フードホリック。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close