経済

横浜、日本シリーズ用「持続可能」レースタイヤ開発

東京 — 日本のスーパーフォーミュラレーシングシリーズの承認機関である日本最高のフォーミュラカーレーシング大会である横浜ラバー株式会社。 Ltd.(YRC)とのレースタイヤ供給契約を2023年まで延長しました。

同時にスーパーフォーミュラの指定レースタイヤサプライヤー、横浜 2016年から – いじめで生産されたシリカ、油ヤシの果実、オレンジの皮から抽出した油、スクラップタイヤでリサイクルされたゴムなどの持続可能な材料で作られたレース用タイヤを開発する計画だと明らかにしました。

横浜は、持続可能な材料を使用する計画がレースカーの性能に悪影響を及ぼさないと強調した。

タイヤメーカーの計画はスーパーフォーミュラとつながっています。 次50 Super Formulaシリーズを運営するJapan Race Promotion Inc.が2021年10月に発表したイニシアチブです。 SF Next50プロジェクトは、自動車とモータースポーツ産業を取り巻く環境の変化に対応して持続可能なモータースポーツ産業を作るという共通の目標を共有するさまざまな企業の協力で推進されています。

YRCは、バイオマスから合成ゴムを生産する技術やリサイクル可能な「熱可逆性」ゴムに関する研究を含め、長年にわたり持続可能な材料の研究開発を行ってきたと述べた。

横浜は、2022年シーズン末までに2023年のコントロールタイヤ設計を完了することを目指し、今年各スーパーフォーミュラレース前後にJRPが実施したテストセッションで開発タイヤをテストしたと明らかにしました。

Super Formula自動車は、Honda Motor Co.とToyota Motor Corp.が供給する2リットルのターボチャージャー4気筒エンジンで駆動される1人用オープンホイールレーサーです。 すべての競合他社は、13インチYokohama Advanレーシングラジアルで実行されているのと同じDallara SF19シャーシを使用しています。

10レースに12チームが21台の車両を登録しました。 2022シーズン、 4月9日、富士レースウェイでスタートし、10月30日にスズカサーキットで開催されます。

READ  Fidelityは、日本企業の性別多様性目標を設定します。

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close