経済

横浜山下桟橋再開発プロジェクト再開 – どこにつながるのか?

横浜市はもう一度フルタイムを持っています。 その前は、ウォーターフロントエリアの山下桟橋の再開発問題です。 2021年8月、山中竹春が横浜市場になり、カジノのある複合リゾート(IR)を含む地域計画は考慮から除外されました。 その場で市は再開発提案を要請し、10の概念が提出されました。

当初、市は2026年に事業を始めることを目指した。 しかし、初期オプションに対する賛成と反対の間の鋭い異見のため、市は市民意見を求めるなど慎重なアプローチをすることに決めた。

山中市長は「今回、山下桟橋への情熱を感じることができた」と強調した。 彼は、2022年8月末の財界で提案されたデザインと再開発計画について公衆が共有した意見を含む、ほぼ6ヶ月にわたるプロジェクト募集プロセスの結果を公開しました。

入札プロセスの初期段階で提出された10の提案のうち、概要とレンダリングのうち5つのみが市の承認を受けました。

ステージ1の提案

提出物の中で、Proposal Aは、企業や大学などの「革新機関」に焦点を当てています。 提案BとCは、顧客を引き付ける大規模施設に焦点を当てています。 そして提案DとEは山下公園の緑地の広がりに焦点を当てています。

市によると、このプロジェクトに必要な予想投資額は約1,000億~8,000億円(7億1,300万~57億ドル)です。 同時に改造された空間は、合計530万~4500万人の訪問者を誘致すると予想されます。

このプロジェクトに対する一般の見解を調べたところ、約3,700人の回答者の40%以上が、再開発のイメージが「海/港」、「国際性」、「活気/喜び」の特性を持つと述べました。

広告

そこに建てる適切な施設に対するアイデアとしては、「エンターテイメント」と「ウォーターフロント/水との近接性」が望ましい機能として把握された。

市市場競争の重要な要素

山下桟橋は昭和時代(1926-89)の高度成長期に貿易港として開発されました。 後で他の桟橋が開発され、その役割の一部が中断されました。 これにより、その位置を観光と交流のために国際的に知られたホットスポットにすることが目標となりました。

しかし、再開発の性格、それが特徴となるビジネスの種類、投資、そして彼らがその地域に連れて来る人々が主な問題になりました。

2014年、林文子元横浜市場がカジノ開発を含むIRプロジェクトを開始しました。 市は2019年8月、国の法律に従ってIR概念の広報を発表しました。 しかし、港湾事業者を代表する団体はカジノに反対の声を出した。

2021年8月の市場経線で争点はIR発展の概念となった。 親IR(親IR) 林() 県議員とお好乃木八郎() 元衆議院議員、IR事業撤回を公約した山中()議員が3者激しい言争を繰り広げた。 ヤマナカの勝利はプロジェクトを白紙の状態に戻した。

激しい分裂を克服するために再開発のための事業提案とともに世論を集めた。 市は今後も継続的に意見を集める計画だ。 再開発事業の広報担当者はコメントした。 続いて「これから市民の意見を収束して提案に反映できることを願う」と話した。

既存の提案に対する修正が期待されます。 詩はこのプロセスが視点の収束をもたらすことを願っています。 もしそうなら、彼らはプロジェクトの幅広い支持を得ることを期待します。

広告

収益性と役割分担の問題

しかし、現在の提案の間に投資と訪問者の数に大きな違いがあります。 そして、事業収益性に関する研究が問題になることが予想される。

また、事業者は、地域へのアクセシビリティの向上と維持に関する公共および民間の役割分担についての議論を求めています。

山下桟橋と周辺地域の鳥瞰図。 (横浜港湾局提供)

横浜商工会議所を含む地域のビジネスコミュニティと協力することも重要です。 横浜市を代表する経済団体は、IR事業を推進するという観点から、IRの経済的効果と地域振興力を調査してきました。

市に入場を伝えながら「IRに次ぐ大規模プロジェクトを通じた新しい産業開発が必要だ」と明らかにした。 川本工業の社長であり、横浜商工会議所副会長である川本森弘氏は、「商工会議所も動向を綿密に監視しており、横浜の発展のためにそれに応じた措置を講じる」と述べた。

山下桟橋

八田桟橋埋立は1953年に始まり、貿易用桟橋として1963年に完成しました。 面積は約47ヘクタールです。

山下桟橋は、高度成長期に横浜港を支える主要桟橋として重要な役割を果たしました。 桟橋には多数の倉庫と倉庫があります。

そして最近では、船舶の規模やコンテナ船の循環が増加するにつれて発達した主要桟橋だけでなく、本牧桟橋を補完する物流拠点としても機能しました。 土地のほとんどは横浜市が所有し、敷地はいくつかの港湾事業者にリースされました。

記者の考え

5月に横浜に引っ越した後、山下公園、チャイナタウン、みなとみらい地区を行き来する人波を見守りました。 ファンデミックの中で平日にも賑わいます。 訪問者にとって、横浜の魅力は目立つ。

広告

横浜マリンタワーの展望台から見下ろすと、地域の広さと桟橋が市内中心部に近いことがわかります。

新しい都市開発を取り巻く戦争において、開発者、一般請負業者、貿易会社、その他の事業者はどのような提案を提出しますか? 細心の注意を払っています。

関連:

(日本語の記事を読んでください。 このリンクから.)

作家:大島直行

READ  レドモンドに拠点を置くVocalBooth、日本、韓国にオレゴン代表団に参加ビジネス

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close