スポーツ

横綱を追うてる老朽か、博報堂復帰、名古屋開幕戦優勝

Ozeki Terunofujiは彼の 横綱 昇進は日曜日名古屋グランド相撲トーナメントで優勝するために入札し、復帰グランドチャンピオン博報堂狭い勝利を収めました。

5月2連敗で大関復帰を祝うしてる老後れる1位に厳しい相手を派遣した。 鷹しら 5月の最後の日までのタイトル候補遠藤。

遠藤は低く急いで慎重にテール老朽地遠くから彼を防いだが、大関は揺るがなかった彼の優れたフレームを使用して、彼を端に導いドルフィンズアリーナでランク・アンド・フィラーを強制的に5個ずつ個人の記録を結んました。 。

Terunofujiは29歳の選手が二回連続優勝を小関に上げたり、今回の大会で優勝記録を上げることができれば横綱に昇格する予定です。 2020年3月の春の大会が非公開で開かれた後、初めて東京で出発しました。 大阪で。

Terunofujiのキャリアは、ひざの負傷でほとんど消えて相撲で二番目に低い順位に落ちました。 魂から モンゴル人は去る7月エリート復帰で第二の通算タイトルを獲得しました。 makuuchi 分割します。

過去6つのトーナメントの全部または一部を逃した後、戻ってきた博報堂はデビューでテストされていました。 komusubi Meiseiも正常に出ました。

彼の厩舎マスター宮城遊ぶ良い成績を収めたら、44回のグランドトーナメントの優勝を記録した博報堂を引退直前まで押し通すことです。 勝利は説得力がなかったが、36歳の選手はお祝いのために拳をアップに十分でした。

手術で修復された右ひざの両足を縛った博報堂は突撃後メイセイワ戦った。 それは端の近くで投げ戦闘で降りてきて、Hakuhoは滑らかなフッキング内側の太もも投げで勝利しました。

5月の最終日てる老朽か破ったが、優勝プレーオフで敗れた大関タカケイショーは1月のチャンピオン大映昭和ショブを交換し、1位を占めた。

Takakeishoは1位にランク・アンド・フィラーを相手に徐々に後退していたが、ベルトのない腕の鋳造物をすることができる十分なスペースがありました。

Ozeki ShodaiはNo. 2 maegashira Takanoshoに攻め込んと彼の総合的な勝利に追い込ん出し強気を見せた。

Sekiwake 最後の二つの大会で10勝5敗を記録した隆也ス腰痛に苦しんでいる。 彼の厩舎マスターTagonouraはトーナメント中再度活動ができると言ったが、一般的に3連勝トーナメントで33勝を要求するozekiに戻って昇格する機会はほとんどなくなりました。

他の関ウェイク御嶽海は15回の大会で初めてのスポーツ3位の順位で戦った、2位が初期攻撃から相手を窒息させた後、巨人理組合に屈服しました。

三人に最初の昇進をしたゴム守備和歌タカかげ サンヤク 横綱以下に勝つチャンスを作ったが、北斗フジ3位に落ちた。

幕内デビューと17位理山本は16位の李時雨とを相手にまれ後進ベルトを投げながら優勝して1位に上がった。

グランドトーナメント愛知県は2019年11月、福岡で行われた九州大会以来の観客と一緒に東京を去る最初の大会です。 名古屋での参加は、政府のCOVID-19ポリシーに基づいて、会場全体の収容人数の半分である3,800人に制限されます。

誤った情報と情報があまりにも多くの時代に 良質のジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
サブスクリプションの場合、ストーリーを正しく伝達するのに役立ちます。

今予約購読してください

写真ギャラリー(クリックすると拡大)

READ  韓国で負傷した息子、日本と親善| スポーツ

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close