橋本が世界で3番目の金メダルを獲得

Estimated read time 1 min read

日本の橋本大樹が日曜日の世界体操選手権大会で初の水平鉄棒タイトルを獲得し、現オリンピックチャンピオンはベルギーで開催された大会で計3タイトルを獲得しました。

これまでチャンピオンシップで1人目の男子チームの金メダルを獲得し、2回目の連続個人総合王冠を獲得した22歳の22歳の選手は、アントワープで水平バーの表彰台に簡単に登るのに15.233点を記録しました。

日本の橋本大樹が2023年10月8日、ベルギーアントワープで開かれた世界機械体操選手権男子横鉄棒金メダルを獲得した後、お祝いしている。

クロアチアのTin Srbicが14.700で2位、中国のSu Weideが14.500で3位を占めました。 日本のKenta Chibaが7位を占めました。

橋本は「東京オリンピック以来初めての金メダル(カロボン)だと本当に嬉しい」と話した。

橋本は過去2年間、鉄棒部門で準優勝を占めましたが、昨年と同じルーチンを遂行しながらも着地時に若干の誤りで金メダルを0.100ほど逃しました。

彼は過去12ヶ月間に着地を成功させるために努力し、疲れたときにも間違いを繰り返しませんでした。 バーから降りる時間が遅くなり、彼は降りるとより高く飛ぶことができ、空中で床をよりよく見ることができるようになりました。

橋本は2015年のアイコン内村小平以来、同じ世界で3つのタイトルを獲得した最初の日本人になった後、「私の力と私が頑張ってきたことを見せることができた」と話しました。

橋本は「来年のパリオリンピックでも金メダル3個を目指す」と話した。

男子平行棒では、日本の杉本斎藤(Kaito Sugimoto)が15,000点で銅メダルを獲得し、和馬カヤ(Kazuma Kaya)が14.733点で銅メダルを獲得しました。

ドイツのLukas Dauserが15.400で優勝し、中国のShi CongがSugimotoを15.066にようやく抜いて準優勝した。


関連プレス:

アジアンゲーム:JOC、日本のメダル集計下落に希望を発見する

体操:南和樹が第2回世界選手権床運動で銀メダルを獲得しました。

体操:橋本大樹、世界男子総合総合2連覇


READ  インドの才能がある間、ゲーム業界はそれを見つけるために苦労しています。
Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours