スポーツ

橋本みずき、アジア太平洋の女性素人優勝バッファロースポーツ

アブダビ、アラブ首長国連邦(AP) – 日本の水木橋本が4アンダー68打を記録したイーグルのためにフェアウェイでホールドアウトし、3打目の赤字を取り出し、女子アマチュアアジア太平洋で優勝しました。 土曜日は2つのメジャーから席を取得します。

橋本はオーストラリアのケルシー・ベネット(68)、タイのデュオ・カーン・バーナボディ(66)、54ホールのリーダーナタ・クリッタ・ボンタ・ビラブ(72)を1打車に先んじて仕上げた。

彼女の勝利は、北島中北がアジア太平洋アマチュア大会で優勝し、日本でゴルフの大きな年を延長してから一週間で行われた。 松山秀樹がマスターズ優勝、柳田なつばさ(Augusta National Women’sアマチュア)、稲波根(Mone Inami)が東京郊外オリンピック女子ゴルフ大会で銀メダルを獲得。

橋本は16アンダー272打で2018年から始まったアジア太平洋女子アマチュア大会で2回目の連続優勝を占めた日本選手になった。 2019年には安田優香が優勝し、昨年はファンデミックで大会が開かれなかった。

この勝利で橋本は来年のブリティッシュ女子オープンとエビアンチャンピオンシップに出場することができました。 彼女はまた、Augusta National Women’sアマチュアゲームに招待されます。

著作権2021 AP通信。 すべての権利を保有。 この資料は、許可なく出版、放送、書き換え、再配布することはできません。

READ  Lee WestwoodがThe Players Championshipで首位を獲得した。

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close