技術

次の両者の競争:誰が最初にこれを活用することができますか?

東京 – 先月、日本初の商用量子コンピュータが稼動され、ドイツが強力なライバルとして浮上しながら、より多くのグローバル競争が次世代の技術をマスターすることで、優位を占めるための競争に飛び込んでいる。

東京首都圏川崎の川崎ビジネスインキュベーションセンターは、IBMが作った商用量子コンピュータがあります。 Toyota Motor、HitachiとToshibaは、このデバイスを使用する企業の一つです。

量子コンピュータは、既存のコンピューティングの限界を破ることが期待されます。 2019年、Googleは、既存のコンピュータで10,000年かかった問題を3分20秒で解決する技術として、世界を驚かせました。 しかし、乱数生成に関連する限られた問題であり、実用度があまりなかった。

しかし、今、世界中の企業がこの技術の使用を模索しています。 量子コンピューティングのためのほとんどの焦点は、GoogleとIBMのハードウェア開発競争にあったが、今は誰よりも早く、量子コンピューティングを活用することができるもう一つの競争が盛んです。

ドイツのメルケル首相は、6月IBMの広告設置記念行事で「量子技術の研究に関する限り、ドイツは世界で最高の一つであり、我々は、世界最高の一つとして残るだろう」と述べた。 シュトゥットガルトの近くに量子コンピュータを設置して、研究の結果を可能な限り多くの産業分野に適用しなければなら付け加えました。

この国の有名なFraunhofer研究所は、プロジェクトで中心的な役割を果たしており、産学協力を含む応用研究で幅広い実績を保有しています。

自動車部門のフォルクスワーゲンとボッシュ、医薬品、化学部門のメルクと、BASF、シーメンスとSAPを含む10個の、ドイツの産業の企業のコンソーシアムがメンバーである。 量子コンピュータを活用して、電気自動車のバッテリーの性能向上、医薬品の発掘など、競争力の強化を目指している。

量子コンピュータが役立つことができる分野の典型的な例は、化学実験を代替するシミュレーションです。 これは材料および薬物の革新はもちろん、開発時間の劇的な短縮につながることができます。 Quantumの技術は、数多くのオプションを組み合わせて提示する時に最適のソリューションを計算するために上手です。

金融では、ポートフォリオの最高の資産の組み合わせを達成するために使用することができます。

人工知能で、両者の技術を使用することも、より大きな注目を集めています。 マシンラーニングを活用したAI技術は、特定の種類のデータでも多くのことを学習して知られていないデータを一般化して処理していない」過し(overfitting)」として知られている現象に苦しんでいます。

去る7月、日本スタートアップグリッド(Grid)は、数値実験と理論に基づいて量子コンピュータを使用する場合、これらの過充電し、この発生する可能性が少ないという論文を発表して波紋を起こした。

一部のアプリケーションで、量子コンピュータの実際の使用は、数年以内に開始されます。 日本ではMitsubishi Chemical、JSR、Mizuho Financial Group、Mitsubishi UFJ Financial Groupなどが主導するIBMのQネットワーククラウド量子コンピューティングシステムのハブが2018年慶應義塾大学で始まりました。 この会社は、慶應義塾大学と一緒に川崎で市販IBM装置を使用して研究を加速することを目的とする東京大学が主導する協議会にも参加しています。

アルゴリズムを研究するスタートアップも、量子コンピュータの使用に重要な役割をすると見られます。 日本ではQunaSysが、この分野でよく知られています。 同社は6月にToyota Central R&D Labsと将来の応用分野の共同研究を開始したと発表しました。

量子コンピュータの活用への期待は、現在の現実を上回っているかわからないが可能性はまだ大きい。 ボストンコンサルティンググループ(Boston Consulting Group)が7月に発表した予測によると、この技術は、2030年までに年間の価値が100億ドルに達し、2040年ごろには、8500億ドルに拡大することができます。 巨大な市場の将来のための戦争が加熱される可能性があります。

READ  私はこれを購入! :Z 50は良いことだ - デジタルカメラWatch

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close