経済

次の日本の首相岸田、中国に対応するための経済安全保障任命

日本の岸田文雄首相が、中国の技術窃盗容疑で対抗し、経済安全保障のための新しい長官を新設する計画だと、この問題に詳しい消息筋は土曜日と述べた。

消息筋は月曜日の臨時国会が起動時に首相に選出された後、内閣を発足させる岸田首相もこの問題について首相顧問任命を検討していると伝えた。

誰が行わかすぐに知られていなかったが、新しい大臣は、国からの技術流出を遮断するための国家戦略を立てることが期待されます。

日本の与党である自民党の岸田文雄代表が2021年10月2日の夜、東京の政党本部を離れるために歩いている。 (教徒)

岸田首相は政権後、10月14日衆議院を解散する予定であり、11月7日の総選挙が実施される可能性があると、政府と与党筋が伝えた。

この計画に基づいて、総選挙のキャンペーンは、10月26日から開始され、11月7日には投票と開票が行われる予定だと消息筋は伝えた。

しかし、消息筋によると、岸こと10月30〜31日にローマで開かれるG20主要経済国首脳会議に出席するであるため、選挙運動は11月14日投票で11月2日から開始することができそうです。

公式選挙運動開始が10月26日捕えられている場合、その期間は、G-20首脳会議とかみ合う。

自民党の森山寛議員は11月7日の総選挙が行われる可能性があると述べた。

政府高官は別に投票が11月14日に開いた政府が2022会計年度国家予算を編成するために窮屈な日程を持っていること言いました。

消息筋によると、水曜日自民党の大統領選挙で勝利した後、首相に上がっているの岸田議員は、本格的な選挙運動と大統領選挙の日付を近いうちに決定する予定である。

土曜日秒自民党の連立パートナーであるとメイトの山口ナスオ代表は、10月14日、国会が終わる岸田に参院を解散することを要求した。

現在、4年の任期の衆議院議員の任期が10月21日有効期限が切れるのうち岸田議員は総選挙を受験する前に下院を解散したり、任期を終えようにすることができる選択があります。

政府関係者によると、新首相は、政権後の最初のポリシー演説を次の週の金曜日、国会で、10月11〜13日、与党幹部の質問に答える予定だ。

自民党指導部の予備選挙で公約したように岸田首相はコロナ19で打撃を受けた経済を浮揚するために数十兆円規模の経済パッケージを用意するように、政府官僚に指示することが予想される。

総選挙後の岸田政府は2021年補正を制定し、2022年の予算を編成する計画だ。

政治筋によると、岸田首相は新内閣でハギオダ浩一文部科学相、上川陽子法無償、岸信夫防衛相を新しい内閣で首相に内定する計画だ。

消息筋によると、岸田大臣はまた、高メイト議員のアカバ和義交通相を留任する計画だ消息筋は伝えた。

Separately、Kishida is considering giving ministerial posts to five LDP lawmakers – Satoshi Ninoyu、Kozaburo Nishime、Shinsuke Suematsu、Yasushi Kaneko and Shigeyuki Goto。

期仮定官房長官に任命することに決めた前教育商人松野博一(松野康弘)と自民党本部で土曜日に会った後、記者団に、新しいリーダーは日曜日に内閣ラインナップを完了させる計画だと述べた。

新しい自民党院内代表は、財務上の鈴木俊一前環境賞を指名して外相は茂木町ミスを維持する。

岸田首相はヤマギワ大師で全通常次官も、経済財政政策上や経済産業相に指名する予定である。

土曜日早く、高メイトの指導者山口ナスオ(Natsuo Yamaguchi)は岸田に、10月14日、国会本会議が終わる衆議院を解散することを要求した。

山口が北海道を訪れたときに電話は岸田側近が彼が11月7日、または14日の総選挙のために、10月14日中原を解散するという推測と一致する。

現在、4年の任期の衆議院議員の任期が10月21日有効期限が切れるのうち岸田議員は総選挙を受験する前に下院を解散したり、任期を終えようにすることができる選択があります。


関連の適用範囲:

Next日本の首相岸田、衆議院解散の可能性10月14日

鈴木日本の財務局長、茂木外務大臣に残る

岸田次期首相、与党核心要職を安倍首相に補充


READ  第二次世界大戦の時代のルールが東京のゲーム危機を非難

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close