技術

次世代の子供サイト「自動運転」としていた理由| 技術| 東洋経済オンライン

理論的には可能だが、スバルの目標はそこにない

ハンズ午後(無条件運転)が可能になった「アイサイトX」を体験した(筆者撮影)

「やはりスバルモノにとてもよくなっているが、どこか人間味がある」

新型「レ宝具 “2020年10月15日発売を控えて同乗のプロトタイプ次世代の子供サイトの各種機能を実行体験し、そのように考えていた。

東洋経済オンライン」自動車最前線」は、自動車に関連する熱いニュースをタイムリーに配信!記事一覧ここ

初めて乗ったのは2020年8月初め、茨城県にある日本の自動車研究所のテストコースであった。 ここでは、自動車専用道路(高速道路とほぼ同義)を想定して「子供のサイトX」を体験した。子供サイトXは、衛星測位を使った新しい技術次世代の子供サイトは新型「レ宝具 “に標準装備で、子供のサイトXはプラス35万円ですべての成績に搭載車を設定している。

子供サイトXの特徴は大きく6つの方法があります。

(1)高速道路でカーブ前自動減速

(2)料金所の前で自動減速

(3)いわゆる自動車線変更

(4)渋滞時で時速約55㎞以下のハンズ午後

(5)交通渋滞時前車の動きに応じて自動的発疹

(6)車両監視カメラのドライバの異常を検出すると、ホーンの周囲に警告し、安全な直線道路まで走行して停止する、いわゆるデッドマン装置での対応

これらの実際の経験した直後の感想は「まるでレベル3自動運転のように」であった。これらの技術は、次世代の子供のサイトの基本的な技術に加えて、GPSなどの衛星位置情報とパイオニアの子会社の増加Pは作る精密立体地図の活用で実現している。

リアルワールドおり木の開発

9月上旬、今回は千葉県の袖ヶ浦フォレストレースウェイで子供サイトXを試みた。 長さ2.4kmのこのコースで新型レボ区ダイナミック性能を確認した後、仮説「眺めの悪い交差点」で、左から接近する車両の車両の警告と自動ブレーキ(衝突被害軽減ブレーキ)。 続いて、右折時横断歩道を渡る歩行者の自動ブレーキを経験した。

右折時の歩行者を検知する機能のデモンストレーション(筆者撮影)

実際に体験の直後の感想は「これがあれば、(心のために)役立つ」であった。旧型比約2倍の広角ステレオカメラとフロントバンパー両サイドに埋め周波数帯域77GHzのミリ波レーダの効果である。

筆者は、これまで様々な機会に子供のサイトと隣接している。 さらに、次世代の子供サイト子供サイトXにもスバルの条件を改めて強く感じました。 それは「リアルワールド第一主義」だ。

子供サイトの開発を統括する柴田か氏は「現実の世界での実験部門と開発部門が継続的に緊密に情報を交換することが子供のサイトの強み」と主張する。

READ  ソニー、360 Reality Audioスピーカーと互換性のある二つの新しいスピーカーを発表

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close