トップニュース

次世代ゲーム機「Xbox Series X」は、強力で静かで、互換性の高さが印象に残る:発売前レヴュー| WIRED.jp

ゲーム機の世代交代が始まろうとしている。 これまでトップを走っているマイクロソフトある。 「Xbox」の第4世代である「Xbox Series X」と「Xbox Series S」は、11月10日全世界に発売される予定であり、ソニーの「プレイステーション5(PlayStation 5、PS5)」より2〜9日(地域によって異なります)ほど早く、消費者の手に到着することになる。

しかし、今回は、さまざまな意味で、今までとは様相が異なる。 第3世代の「Xbox One」の4年後にリリースされた最上位機種「Xbox One X」は、スペックが大きく変わっており、今回の世代交代も「Xbox 360」でXbox Oneの刷新に近いような印象を受ける。

ところが、マイクロソフトは、今回の全能で強力なSeries Xとディスクドライブを搭載せずにスペックを落としたSeries Sの2モデルを発売する。 これにより、消費者を混乱とまではいかなくても、新製品の評価が割れる恐れがある。

無駄のないシャープなデザイン

今回は発売前のSeries Xをしばらく使ってみたが、Xboxが進化したことが明らかであると断言することができる。

テスト機は正式発売されるのと同じ基であるが、ファームウェアやOSが最終版ではない。 Microsoftは、「Series Xは発売時に最新バージョンのソフトウェアを搭載して完成形になるだろう」と説明して、発売後に再評価する予定である。 また、Series Sにも近いうちに歌劇団したいと考えている。

本体デザインは、まさに「ボックス」としか言えませんが、実物は思ったほど奇形ではなく、悪雪もしない。 ただし、これにはゲーム機のデザインに関係たいと考えている人に注意読みたいが、世界のメディア機器のほとんどは、水平方向の設計、ゲーム機も水平に使う人が多い。 Series Xもユーザーのほとんどは、縦ではなく横方向に設置することがないかと思う。

MICROSOFTの写真

横にした場合には、Series X幅はOne Xとほぼ同じで、深さは半分強になる。 つまり、以前のモデルに比べてそれほど場所をとらないのだが、水平方向に置くと、高さが15.1cmとなる。 棚の高さが余裕を持って17〜20cm程度は欲しいところだ。

デザインに目を向けると、無駄なシャープなラインを愛し、ファンはあるだろう。 しかし、残念ながら、外観が史上最高の素晴らしいとは言い難い。

前面のUSBポートが一つと光学ディスクドライブ、電源スイッチ、コントローラの同期ボタンに値する。 「X」のロゴは、回転していないので、横にするとロゴが倒れた状態になってしまう。 背面には、USB 3.1ポート2個、デジタル音声出力端子、LANケーブルポート、HDMI端子、電源ソケット、ストレージ拡張のための専用カードのポートがある。

通常の進化したコントローラ

ゲーム機である以上のユーザーが常に触れているのは、コントローラでこちらが本体よりも重要かもしれない。 Xboxコントローラーは、さまざまな意味で、すでに業界標準となっている。 「Nintendo Switch Proコントローラ」と、サードパーティ製のゲームパッドがXboxコントローラーのボタン配置を真似たものである。

Series XとSeries Sのコントローラは、通常されている。 今回の新モデルMicrosoftはうまく機能しているのは触れないアプローチを採用したようだ。 このためかXbox Oneのコントローラで詳細を改善するには、終わった。

最大の変化は、グリップ素材が変わったことホールド感が良くなり、激しく動いても落ちそうになることができ減った。 背面のトリガと肩部分のバンパーも同じ素材で出来ている。 また、トリガーは、反応性が向上し、例えば、ゲームで武器の扱いがよりよくすることができているという。

Xbox

MICROSOFTの写真

コントローラの最大の変化は、方向パッドが長方形で八角形にしたものである。 上下左右の4方向浮かんいるので、2Dのゲームでも、正確な操作が可能で、斜め方向にもかすかするがすっきりとしたクリック感がある。 また、「共有」ボタンという物理的なボタンが追加されているが、それ以外は、これまでのような、非常に便利です。

コントローラには、AAバッテリーが2個必要ですが、別売のバッテリーキットを購入すると、USBポートを介してゲーム機本体やPCと接続して充電することができる。 今回はずっと電池として使用したので、バッテリキットはしようとしていないが、資源の無駄をなくすためにいいだろう。

まるで実写映像などのグラフィック

インストールは「Android」と「iOS」に対応した専用のアプリケーションを使用すると、比較的簡単で、Xbox Oneでの設定をそのまま移行することができる。 また、アプリケーションがなくてもゲーム機だけで設定が完結する。

インストール方法やインターフェースなどはXbox Oneと大きく変わらず、特に環境レヴューウィンドウと同じに見える。 しかし、テストされたソフトウェアは、最終版ではないので、発売までに変更されるかもしれない。 ダッシュボードとインターフェスについては発売後レヴューで詳しく説明したい。

最も気になるのは、実際にプレイしてみるとどうだろうかという点だと思いますが、これについては、現在評価は困難である。 Series Xに最適化されたタイトルは、まだ数が少ないが、その実力のほどをうかがわせてくれる。

たとえば、Codemastersの人気レースゲーム「DiRT 5 ‘の風景はまるで実写映像と同じである。 セガの「龍が如く7光と闇の行方」は、現行モデル用に開発されたタイトルだが、東京の街並みが驚くほど複雑で細かい部分まで緻密に描写される。 個人的には「アサシンクリードヴァルハラ」のような作品が4K対応で120fpsというSeries Xの性能をどのように活用していくかに期待している。

Xbox

MICROSOFTの写真

驚くべき読み取り速度

また、初代「Xbox」で「Xbox 360」、Xbox Oneまで全世代のタイトルがプレイできる互換性も印象的だった。 すでに1,200個程度が対象となっており、この数字は発売までより増えるだろう。 これは、以前のモデルと現行モデルで交換するユーザーは、購入初日から多くのタイトルが利用可能になるだろう。 さらに、クラウドを介して前終わった時点からゲームを再開している。

タイトル新旧を問わず、ロード時間は驚くほど短い。 NVMe互換1TBの内蔵ストレージであれば、全体的にXbox One Xよりも読み込みが早かった。 ボタンを押す瞬間まではいかないが、それに近い感覚で瞬時に開始する。

また、ゲームを中断して、他のタイトルに切り替えることができる「Quick Resume “機能は、思ったより便利である。いくつかのタイトルを並行したい場合に最適である。本体を再起動しても中断された場所からゲームを再開することができますので、システムの強制的に更新のためにそこまでしていた方が損失事態を避けることができる。

ただし、この機能は、現在、Xbox 360、以前のタイトルとうまく動作していないようだ。 「悪魔城ドラキュラX月下の夜想曲」は、他のゲームで帰ってきたときに、最初から再起動されていた。この点は、発売まで改善されることを望む。

専用ストレージカードは便利ですが、コスト

Series Xの速度は、内蔵SSDのおかげだ最も興味深いのは、Seagateの製品の専用カードでストレージ1TB増やすことである。 実機を手にする前からある程度のか不思議あったが、実際に使ってみた今はほとんど確信を持っている良い断言することができる。

拡張カードは、プレイステーションのメモリカードよりも小さく、背面のポートに接続するようになっている。 単にストレージ容量を増やすだけでなく、内蔵SSDと同等の性能を発揮する点も注目に値する。 実際に試してみたところ、40GBのゲームを内蔵SSDから拡張SSDに移動するとき、1分02秒しかかからなかった。 データ転送だけでなく、読み込み速度も内蔵SSDだけ速い。

そして、この小さなカードでSeries Xに最適化されたゲームを直接プレイすることができる。 「Dirt 5」と「龍が如く7」を内蔵SSDと拡張SSDの両方を試みたが、性能差は感じられなかった。USBポートから外部記憶装置を接続することもできますが、この場合、速度が大幅に低下する。Xbox Oneと前ゲームであれば、普通にプレイすることができ、Series X用タイトルも置いておくだけの場合いいのですが、USBを介してSeries Xのための作品を再生しようとすると、どうしても速度がついて出ない。

最近のゲームは、容量が大きいため、内蔵SSDは、すぐにいっぱいになる可能性が高い。 このため、専用の拡張カードは嬉しい選択される。 再起動せずにドライウル自由に切り替えることができるホットスワップをサポートしているのがポイントだ。

唯一の欠点は、219,99ポンド(日本では税込み32,386円)は、拡張カードの価格である。 ストレージを増やすだけ本体の半分近いコスト[編註:日本では、本体価格6%以上に相当を負担することは正当化するのは難しい[編註:일본에서는본체가격6%이상에상당을부담하는것은정당화하기어렵다

Xbox

MICROSOFTの写真

最終的な評価は、発売後委託

Series Xでゲームをプレイし、その静かに驚かされる。 Xbox Oneは、ファンの回転音が大きいことで有名だったがOne Xは、この大幅に改善した。 ところが、そのOne XさえSeries Xと比較すると邪魔になるほど。 電源スイッチが光っていないしなければなら入っていることさえ気付かないかもしれない。

また、一部の報道によると、稼働中本体が熱くなるという話があった。 この報道に根拠がないわけではないが、数週間実技試験の範囲は、触れ少し暖かい感じ程度である。 今後Series X用ゲームをする際に、再び注意して見るつもりだ。

現在Series Xはかなり良い印象は、特に速度、静か、Quick Resume機能に感心した。 本体は思っていたほど巨大ではなく、過去のモデルのためのタイトルの多くプレイすることができる互換性も嬉しい。

しかしSeries X専用のタイトルを実際にやってみなくては真価は知ることができない。 最終的な評価は、発売後レヴューまで保留としておいてたい。

※「WIRED」によると、Xbox関連の記事はここにある。 プレイステーション関連の記事はここにある。

関連記事

READ  引退発表藤川250Sに「必ず」1軍復帰意欲 - プロ野球:日刊スポーツ

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close