Tech

次世代Xbox Series Xは499ドルで11月10日発売、廉価版Series Sと同じ

マイクロソフト

マイクロソフトが次世代ゲーム機の上位モデルでは、Xbox Series Xの価格と発売日を発表した。

Xbox Series Xの価格は499ドル。 廉価版のXbox Series Sより200ドル以上に設定します。

発売日は、Xbox Series X、Xbox Series Sで11月10日。 9月22日から予約受付を開始します。

Xbox

マイクロソフト

発売日の発表と同時に、マイクロソフトは、新型Xboxを利用できるようにする施策と主力商品である定額制ゲームサービスXbox Game Passを大きく強化することも明らかにしました。

これまで米国と英国、オーストラリアなどの一部の提供してきた購入計画Xbox All Accessは、今年末から12カ国に拡大(日本を除く)。 初期費用なしで月に24.99ドルを支払うでXbox Game Passと本体代金オンライン対戦など、必要なXbox Live Goldを利用することができる分割計画(Series Sの場合.Series Xは月に35ドル)。

本体代金を除いたサービスの方は、月に15ドルなので、次世代機本体代金月10ドルずつ支払うことで、初日本体と固定カタログのゲームプレイ存分に利用することができます。

もう一つは、大規模パブリッシャーEAが展開する定額制遊び無制限サービスEA Playのタイトルがゲームパス利用者には追加料金なしで利用できるようになること。

AAAの大作とシリーズ作品を含む60以上のXbox / PCゲームが突然ゲームパスのカタログに加え楽しむことができます。

XboxのゲームのパスにEA Playが追加されました。 追加費用なしで、60個以上の利用可能

追記: Xbox Series Sの詳細スペックも明らかになった。 上位モデルSeries Xと比較して、CPU概ね同じGPUはユニットと周波数降り、約1/3、RAMは16GBに10GBしかし、帯域幅が半分以下。 ストレージの速度は同じである。

Xbox Series X / Xbox Series S全体の技術仕様

マイクロソフト

Series Xがターゲット4K解像度とSeries Sネイティブ1440pの違いは、単に画素数約2.3倍(8.3メガピクセルvs 3.7メガピクセル)。 4K vsフルHDであれば4倍。

GPU性能指標の一つであるTFLOPS約3倍の差があり、高解像度のテクスチャの伝送に重要なメモリの速度で半分以下は対象と1440p〜フルHDであるため、判断だと思います。

実態に合わ指標「数TFLOPSだけ現在の世代のXbox One X(6TFLOPS)を大きく下回るだけでなく、PS4 Pro程度(4.2TFLOPS)のGPU性能しかないのですが、メモリの量と速度、GPUアーキテクチャの世代差が、実際のゲーム映像にどのように反射されるか、どのような意味Series Xよりも実力が気になる製品です。

しかし、マイクロソフトがXbox Series Sで狙うのは、最高のパフォーマンスを必要とする層ではなく、一定額のエンターテイメント予算の中で何を入手できますか? 価値と利点の感じを好む顧客。 手頃な価格で「この冬の最新ゲーム機」が手に入る最新のゲームも現行ゲーム機ではなく、上記の快適に楽しめるインターネット動画サービス等TVで楽しむことができるボックスがあれば必要なのかと階層です。

READ  Oculus Quest 2は、解像度・性能大幅向上、新しいコントローラを採用。 Facebookがフライングたち - Engadget日本版

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close