世界

次期米国務長官から「車にひかひかの “と捨てられたイギリス| 木村正人| コラム

バイデン政権の国務長官に指名されたブリンケン(写真右)は、EU重視Joshua Roberts-REUTERS

[런던]米国大統領選挙で勝利したジョー・バイデン前副大統領は23日、次期国務長官の選挙で外交政策顧問を務めた腹心アンソニーブリンケン前国務副長官(58)を指名したと発表した。 バイデン氏は「米国は戻ってきた世界をリードする準備ができている。後退はしない」と宣言した。

発表された外交・安保チームの6人ブリンケン氏をはじめ、熟練した現実主義者の完全なセット。 自由と民主主義、法の支配を掲げ同盟国やパートナーを結集して、公正な土俵で、中国の専横を封鎖考えだ。 一方、新型コロナウイルス感染症と地球温暖化対策として、中国との協力を急ぐのだ。

ドナルド・トランプ、米国の大統領とは異なり、中国との火種になる台湾には「一国二制度」の枠を超えず、「米中冷戦」「デカップリング(分断)」とオバマ大統領の「アジア回帰政策」の間に着地点を探しているようだ。 台湾のだけでなく、日本もオーストラリアもチームのどれかがどのように出るの精神ではない。

おそらく中東の同盟国、イスラエルやヨーロッパの同盟国、英国もチームバイデンの一挙手一投足を注視しているのだ。 衝動的人種差別的な言動に米国国内だけでなく世界中を混乱に陥れたトランプ大統領だが、強力な支持を得た、台湾、日本、イスラエル、英国の政治指導者にはありがたい存在だった。

安倍晋三首相、イスラエルのベンヤミン・ネタニヤフ首相、イギリスのボリス・ジョンソン首相はトランプ大統領は言葉迎えた。

バイデン氏もオバマのように同盟国の頭越しに中国とイラン、欧州連合(EU)と話をし始めているのではないすべてのヤキモキしている。 日本は「自由開かれた「インドの太平洋を既に「安全と繁栄」を言い換えされ、その意図を読んで疲れている。 おそらく心の中で最も複雑なのは、ジョンソン首相だ。

「トランプの肉体と感情を持つクローン “

ジョンソン首相がツイッターにあげたバイデン氏に送る祝電は「トランプ」「二期目」という文字が流れトランプ大統領の再選を想定した蓄電の予定原稿を急いでバイデン氏に交換したという疑惑が英国の政治ブログ「ガイ・フォークス」と指摘された。英国政府のスポークスマンは、慌てて「技術的なエラー」と言い訳した。

バイデン氏はジョンソン首相を「トランプの肉体と感情を持ったクローン」と呼んだことがあると報道当選後電話をしたのも、欧州の指導者のエマニュエルマクロン、フランス大統領、ドイツのメルケル首相に続いて三番目だった。大戦後米国と「特別な関係」を維持してきた英国が、EUの後回しにする気配が濃厚である。

次のページアイルランドの平和を守る

READ  シンガポール、毎日感染が減少するにつれて、Covid制限の緩和を開始

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close