世界

欧州が世界の景気鈍化に最大の打撃を与える – OECD

  • グローバル成長率は2022年3.1%から2023年2.2%に下落
  • 国別の見通しは非常に多様で、英国は他の経済に遅れています。
  • 中央銀行への金利引き上げの継続を促す

パリ、11月22日(ロイター) – 世界経済は来年の景気後退を避けるべきだが、1970年代以降、最悪のエネルギー危機は急激な鈍化を引き起こし、ヨーロッパが最大の打撃を受けるとOECDは述べた。 。

経済協力開発機構(OECD)は火曜日、英国経済が他の主要国より遅れると予想されるが、国家の見通しは非常に多様だと明らかにした。

世界経済成長率は今年3.1%(OECDが9月見通しより若干高い)から来年2.2%に鈍化し、2024年には2.7%に加速するものと見込んだ。

マティアス・コマンOECD事務総長は最近、経済展望発表記者会見で「我々は景気低迷を予測しないが、確かに弱気を見せると予想している」と話した。

経済協力開発機構(OECD)は、ウクライナでロシアの戦争が企業活動に打撃を与え、エネルギー価格の急騰を主導し、ヨーロッパが最大の打撃を受けながら、グローバル景気減速が経済に不均一に打撃を与えていると述べた。

19カ国のユーロ圏経済は、今年3.3%成長した後、2023年には0.5%に鈍化して回復し、2024年には1.4%に成長すると予想しています。 これは、OECDの9月の見通しで3.1%の成長を見積もったものよりわずかに優れています。 今年、2023年には0.3%。

経済協力開発機構(OECD)は、産業中心経済がロシアのエネルギー輸出に大きく依存しているドイツの経済が来年に0.3%萎縮すると予想した。

2022年7月5日、ドイツのフランクフルトのスカイラインを示す展望。 REUTERS/Kai Pfaffenbach/ファイル写真

ヨーロッパでも、ロシアのガスや石油への依存度がはるかに低いフランス経済が来年0.6%成長すると予想されるなど見通しがずれています。 イタリアは0.2%の成長率を示し、これは数四半期に萎縮が起こる可能性があることを意味します。

ユーロ圏を除くイギリス経済は、来年の金利引き上げ、インフレ急騰、信頼の弱化により0.4%萎縮する見込みです。 以前OECDは0.2%の成長を期待した。

ロイターグラフィック

米国経済は今年の1.8%から2023年には0.5%に鈍化し、2024年には1.0%に上昇すると予想されるなど、より良く耐えそうだ。 2023年の見積もりは変更されていません。

OECD加盟国ではない中国は、COVID封じ込めの波の後、来年の成長が回復すると予想される数少ない主要経済国の1つでした。 中国の成長率は今年3.3%から2023年4.6%、2024年4.1%に増加すると予想され、前の見通しである2022年3.2%、2023年4.7%よりも高まった。

緊縮通貨政策が実施され、エネルギー価格の圧迫が緩和されるにつれて、OECD諸国全体のインフレは、今年の9%以上から2024年までに5.1%に下落する見込みです。

Cormannは、金融政策に関しては、ほとんどの先進国と多くの新興市場経済でインフレ期待を確実にするために追加の緊縮が必要だと述べた。

多くの政府は、エネルギー価格の上限、税金の減額、および補助金による高インフレの苦痛を軽減するためにすでに莫大な費用を費やしていますが、OECDは、高いコストは、これらの支援が将来より良い対象となるべきであることを意味しています。

Leigh Thomasの報告。 Catherine Evansによる編集

私達の標準: Thomson Reutersの信頼原則。

READ  ロシアとウクライナの戦争に関する最新ニュース

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close