世界

欧州最高の知性が警告「コロナ前なら死んでいない人が、今後死んでいく「世界」診察回数」が減っている| PRESIDENT Online(プレジデントオンライン)

新型コロナウイルスによる影響は、経済に限定されない。 「欧州最高の知性」と呼ばれるジャック・アタリは「世界で診察回数が減っている。 伝染病は、他の原因による未然に防止することができた死が近い将来に多発することが予想される」は – 。

※本稿は、ジャック・アタリの森昌弘・坪子さとみ駅」生命の経済パンデミック後の新しい世界が始まる「(プレジデント社)の一部を再編集したものです。

写真= iStock.com / Marcus Lindstrom

※写真はイメージです

瞬間的に生産と消費が崩壊していった

服や車を購入する人はほとんどいなかった。 飛行機の座席、ホテルの部屋を予約することが人はほとんどいなくなった。 国内製造業は外国での部品調達が困難になったため、多くの製品の生産を停止した。

瞬間的に生産と消費が同時に崩壊していく様子を、私たちは目撃している。 まず、エネルギー消費である。 4月と5月に世界の石油消費量は、前年同月比3分の1減少した。 中国では20%減少し、アメリカでは30%の減少、インドでは70%減少した。

非集団隔離型の戦略を選択した国の生産活動はそれほど大きな影響を受けなかった。 例えば、韓国のGDPは、電子製品、石油化学製品などの輸出が低迷のために少し減少しただけだった。

欧州の事情は異なる。 EUの第1四半期のGDPは3.8%減少した。 最も影響を受けたのは、フランス(5.8%減)、スペイン(5.2%減)、イタリア(4.7%減)である。

第2四半期はさらに悪化する。 最も悲観的な予測では、米国経済の第2四半期は38%減、年率換算では12%減少している。

2008年度1929年度の他の「危機」だ

3月には、将来に懸念を持っているいくつかの国際機関は、経済状況の見通しを下方修正したが、ほとんどの国際機関は、まだ楽観した。 世界貿易機関(WTO)は、2020年の世界貿易は前年比10%減少したことの予測が、実際の減少率は、おそらく二倍以上である。 国際通貨基金(IMF)は、世界のGDPは3%減少すると予測するが、実際には少なくとも7%の減少程度になるではないか[IMF는 전망을 하향 조정하고있다.]そうでなくて、いくつかの国のGDPは20%減少するだろう。

2020年を通じた経済活動はめまいがするほど著しく落ちる。 ドイツは6.6%減少し、ギリシャで8%減少し、また、スペインでは11.1%減少し、イタリアでは11.3%減少し、フランスでは11.4%の減少が予想されている。 しかし、これは、経済協力開発機構(OECD)の楽観的な見通しであり、第二の波がない場合の予測である。

これは深刻な危機である。 パンデミックが2020年の夏に収束に向かうも、今回の危機は、2008年の世界金融危機〔2007年からすでに混乱が始まった]とは別にあり、生産活動が4年間落ちた1929年の世界恐慌とも面が違う。 今回はわずか3ヶ月ぶりに急落ある。

READ  "トランプは落選する「ファッションが照らす米国世論の劇的変化選挙の勝敗を決定37%の"彼ら "| PRESIDENT Online(プレジデントオンライン)

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close