世界

武漢WHOチームは、疾病管理センター訪問

WUHAN、China(AP) – コロナウイルス感染症の原因を調査する世界保健機関(WHO)のチームが月曜日、中国中部武漢(Wuhan)の発症を早期に管理した2つの疾病センターを訪問しました。

WHO調べでは、先月の手がかりを見つけるために成都、武漢に到着し、最初の事例が発見された病院や魚介類の市場を訪問しました。

このチームは、月曜日、中国湖北省疾病管理センターと武漢事務所を訪問しました。 中国は、ウイルス情報へのアクセスを厳密に制御しています。

中国は、ウイルスが他の場所で発生しており、さらに、外国から武漢に移した可能性がある代替理論を奨励しつつ、発症の初期対応で疑いがあるミスの非難を回避しようとしました。

地方センターを訪問した後チームメイトであるPeter Daszakは記者たちに「本当に良い会議だった本当に重要でした」と言いました。 他の詳細は提供されていません。

チームが収集した証拠は、答えを見つけるための長年の探求に追加されます。 発症の動物源を把握するには、動物のサンプル採取、遺伝子分析、および疫学研究を含む膨大な量の研究が必要です。

中国は厳格なテストと接触追跡を通じて、国内の転送を大幅に抑制しました。 公共の場でマスクを着用することはほぼ普遍的に観察され、地域社会、さらには事件が発見された都市全体の封鎖が日常的に適用されます。 最近の発症はほとんど過酷な北東部で発生し、月曜日に3つの州で33件の新たな事例が報告されました。

それにもかかわらず、中国は3月に武漢で発生した早期発症の最後のステップの後、最も高い月間総COVID-19の事例を1月に2,000件以上記録した。 1月に二人は、この病気で死亡しており、中国で数ヶ月ぶりにCOVID-19死者が報告されました。

今月の正月連休期間中に学校がオンラインになって旅行が大幅に減り、政府は広大な国で家族の集まりのための最も重要な時間に人が滞在できるようにインセンティブを提供しています。

READ  パレスチナとイスラエル、新しいロケット発射と空襲取引

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close