武田、エンティビオ皮下注射日本許可取得

1 min read

武田は日本で潰瘍性大腸炎治療のためのエンティビオ(ベドリズマブ)の皮下注射製剤に対して承認を受けた。

2023年3月27日、武田製薬は、日本厚生労働省が中等度から中等度から皮下(SC)注射用108mgペンおよびSC注射用108mg注射器のEntyvio(ベドリズマブ)を維持療法として承認したと発表しました。 重度の潰瘍性大腸炎。

Entyvio SCは、患者が個人のニーズに最も適した投与方法を選択するための代替投与オプションを提供します。 会社のプレスリリースによると、SCの配信は、人員、機器、施設、静脈製剤の準備に必要な時間を短縮することができます。 この減少は、薬物投与中に発生するエラーを最小限に抑えることができます。 SC送達方法はまた、取り扱いやすさと利便性を提供するためのものであり、投与あたりの所要時間を短縮することができます。

「Entyvioの皮下製剤が承認されてうれしいです。 今回の承認は、潰瘍性大腸炎の患者や医療専門家に、より広い範囲の投薬オプションを提供し、彼らのさまざまなニーズを満たし、生活の質を向上させるのに役立つと信じています。

READ  スズキモーターは、小型EVのレッスンを得るためにトヨタを選択します。
Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours