エンターテインメント

死んだ」怪獣」をきれいにする多くの場合、聞こえない話が、最終的に、来年に劇場にします。

NS 特製 巨大モンスターが登場するジャンル 怪獣 戦闘をして、その過程で大規模な破壊を起こし、最近、日本と米国で楽しくエキサイティングな再起動ができながら、少しのルネッサンスを経験しています。

そして2022年2月4日にこのジャンルで本当に大胆な実験が行われる予定です。 「Daikaiju No Atoshimatsu」(文字通り「The Great Monster’s Remains “、ガーゼ英語タイトル:「Kaiju Cleanup」)は、ベテランの映画スタジオShochikuとToeiが一つの長編に手を握った最初の作品です。 おそらく、両社が必要な理由は、次のとおりです。 この映画は日本映画史上最大のモンスターを誇っています。

しかし、映画全体でほぼ死亡した。

▼The trailer for “Daikaiju No Atoshimatsu”

その理由は、「ダイカイ州ノーアート市松」がほとんどの特製映画が終わる地点を選択するからです。 邪悪な怪獣は敗北で倒れ、英雄は夕日の中に歩いて行き、クレジットは転がっていきます。 しかし、すでに多くのことを経験した貧しいエクストラも今処理しなければなら巨大な腐敗死体を持たせました。

この映画は、三木聡が脚本と監督を務め主演はHey! 話す! JUMPの山田涼介と「塁の剣心」実写映画で巻きまるでみさおを演じた土屋タオ。

山田は、特殊な部隊員に分解専門家ブルース(オダギリジョー)と一緒に1人分の大きさの350mの長さの遺体を処理する方法について相反する任務を引き受ける。 – 東京ドームの半分、すなわち処理しなければ恐怖が爆発することができます。

一方、土屋は環境大臣秘書官に出演して処分を統括しているのに対し、日本の首相の秘書でもある夫(浜田学)は、ますます自分の問題に不満になる。 オフィスは、ループで維持されます。

一方、映画「アウトレイジ」と「チュリバカニシ」(「釣りクロニクル」)でよく知られている俳優西田敏行は怪獣バトルの混乱の余波の中で、国を守るために苦労している疲れた首相を演じています。 。

映画は、しばらく前に公開されたコロナ19ファンデミクで製作が延期された。 しかし、確実な発売日とモンスターの第一印象でオンラインtokusatsuファンは、最終的に発売を準備しています。

ポスター出てきた時から見てたかった!」

「大丈夫見えます。 “

「最初は「釣りクロニクル」スピンオフであると思いました。」

「これは重要な作業です。一週間以内に清掃していない場合、次のモンスターがすでに到着からです。」

「私はいつも彼らの体をどのように削除したのか気になっています。 かなり苦労して抱えている。」

「特異な映画でオダギリジョーを楽しみです。」

「私は、ビーチにあるクジラが時折爆発するのと同じであるだろうします。その中にあるすべてのメタンのため、はるかに大きいです。」

「怪獣8号は、すでにそれをやった。」

漫画「Kaiju No. 8 “がkaiju cleanup隊員の概念を導入してパンチに” Daikaiju No Atoshimatsu」を物理たが、そのシリーズは、プロセスの初期の挑戦を無視し、代わりに一般的なアクションアドベンチャーに移動行きました。 シリーズ。

しかし、「Daikaiju No Atsohimatsu」は、技術的、社会的なレベルで死んだ怪獣に対処するため、より深く、面白い視点を持っていると見えます。

源泉: Daikaiju No AtoshimatsuEiga.comオタクドットコム

SoraNews24からより多くの物語を読んでみてください。

アニメゴジラが日本新作CG映画の予告編に登場[동영상]

現在地:エヴァンゲリオンメーカー庵野秀明の新しいウルトラマン映画の最初の様子【動画】

ピカチュウがゴジラに会う:6人のポケモンが怪獣映画怪物待遇を受ける

©ソラニュース24

READ  スペシャル商品| 劇場版ポケットモンスターココTOWER RECORDS - TOWER RECORDS ONLINE

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close