死んだNASA衛星が38年ぶりに地球に戻ります。

1 min read

CNNのWonder Theory科学ニュースレターに参加してください。 興味深い発見、科学的発展などに関するニュースで宇宙を探検してください。



CNN

ネジ(NASA)衛星が38年ぶりに地球軌道を回って地球に落ちた。

ERBSとして知られる地球放射予算衛星は1984年に宇宙往復船チャレンジャー号に載せられて発射された。

2005年までに、ERBSのデータは、研究者が地球が太陽エネルギーを吸収し放射する方法を調査し、地球の成層圏でオゾン、水蒸気、二酸化窒素、エアロゾル濃度を測定するのに役立ちました。

NASAの声明によると、米国国防部は、ERBSが日曜日午後11時4分(ET)ベリング海上空で地球大気圏に再進入したと確認した。

衛星の一部が再入口で生き残ったかどうかはすぐには明らかではなかった。 ほとんどの衛星は大気圏を通過しながら燃やすことが期待されています。 NASAは、地球上のすべての人に害を及ぼすリスクが非常に低いと計算しました。 約9,400分の1です。

衛星は予想寿命の2年をはるかに超えて、合計21年間働きました。

NASAは、ERBSに搭載された機器である成層圏エアロゾルおよびガス実験II(SAGE II)が、オゾン層が世界的に減少していることを確認するデータを収集したと明らかにした。

そのデータは モントリオール議定書協定、 1987年、数十の国が署名した国際条約でオゾンを破壊する塩化フッ化炭素(CFC)の使用は世界的に急激に減少しました。

CFCの使用禁止に同意しなかった場合、世紀末までにオゾン層が崩壊し、地球温暖化が摂氏2.5度さらに上昇するでしょう。 2021年の研究が発見されました。

今日、国際宇宙ステーションのSAGE IIIは、オゾン層の健康に関するデータを収集しています。

READ  The last terra incognita of the Earth's surface
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours