理科

死んでいく恒星を公転する大きな惑星が初めて発見され| ニコニコニュース

地球から80光年の先にある白色矮星「WD 1856」は、今から60億年前に燃料が不足することになり、生涯の終わりを迎えた末期の星である。

星の質量が太陽の3倍以内である場合、燃料の枯渇と腫れ(赤色巨星)の周りにあるもの一切合切を丸杯してしまう。 崩壊小さな白色矮星になるのは、その時のことである。 だから白色矮星は、通常は、寂しそうなものである。

しかし、WD 1856はそうしなかった。 その周りを今公転する大きな惑星(地球質量の10倍以上の大きな惑星)が検出されたものである。

「WD 1856 b」と命名されたこの惑星は、星が死んでいく過程で、生き残った生命が存在するために必要な条件を備えた惑星が存在することができるという証明である。

– あわせて読みたい –

月はすぐに地球との衝突コースに乗る。 その母惑星はマグマボール化する。 しかし、この結果は、650億年後。

太陽が臨終に近づくと起こることができるよう、10種類の

サファイアとルビーがちりばめられたスーパー地区(巨大地球型惑星)が発見されている

施工を引きずりながら回す白色矮星が観測される(CSIRO)

科学者たちは、「宇宙の終わり」を予測。 それは悲しい孤独、黒色矮星の超新星爆発で幕を下ろす(米国研究)


白色矮星の交通惑星を初めて直接検出

自然「(9月16日)に掲載された研究は、NASAの外惑星探査衛星「TESS」と地上の望遠鏡でWD 1856を観察した。 惑星が星の前を横切ることにより生じる光の影があるか調査した結果、2019年7月から8月にかけて大きなガムグァンガ検出したと報告している。

昨年12月には、WD 1856とは異なる1500光年の白色矮星でゆっくり飲み込まれている惑星が発見されている。

しかし、この場合には、白色矮星を包囲破片とガス円盤(ネプチューンのような惑星の大気がはぎ取られて形成されたもの)が発する光を介して発見した。

しかし、今回の場合は、白い小さな小人の前を横切る惑星がより直接的に検出されている。 これらの発見は、史上初めてのことだそうだ。


TESS、スピッツァースポット潜在巨大世界を回っている小さな星

大きな惑星「WD 1856 b」は、白色矮星の7倍、木星の14倍

常識から見れば不思議なことに、WD 1856 bは、自分が公転する主成分より7倍も大きい。 その質量は木星の14倍以上であると推定され、WD 1856 bが主成分の前を通るとき、光は半分近く陰った。

一方、WD 1856地球1.4倍程度の大きさに過ぎない。 WD 1856 bは太陽と水星の距離の20倍近い軌道を公転しているため、公転周期はわずか1 4日。 1回感光8分で非常にしばらくのことだ。

1

画像提供:TESS、Spitzer Spot Potential Giant World Circling Tiny Star

膨張で生き残る理由

しかし、そのように近くを公転している面が大きい惑星はなぜWD 1856の膨張で生き残ることができただろうか。 その理由は2つの可能性が推測されている。

一つは、主に星が赤色巨星が膨張したとき、当時その周辺にあった惑星を乱し軌道を歪曲する可能性である。 WD 1856 bの軌道も妨害されて、現在の軌道まで接近することになった。 この場合、他の人も生きている惑星が存在するかもしれない。

他の一つは、外側の層を捨て生き残っするラインである。 ここでは、電子よりも可能性が低いらしく研究グループは、この過程で、現在の姿になる可能性がないと結論を下した。

今後の研究は、WDの1856 bが本当に惑星か、それとも実は別奴(褐色矮星)であることを確実に確認しなければならないと研究チームは述べている。

そのために資格あるが、次世代宇宙望遠鏡ジェームズウェッブ宇宙望遠鏡とハワイのジェミニ天文台ある。

1_e1

果たして命が存在するか?

しかし、私たちに、より関心が高いのは、そこに生命が存在するかどうかではないか。

「白色矮星の周囲に生命が居住可能な惑星があるではないか探している人がいます。今回は、非常に奇妙な水性系で惑星がどのように生きてきたのか考える必要があります」とイアンクロスフィールド氏はプレスリリースで述べている。

また、50億年後には、私たちの太陽も白色矮星になると考えられる。 それから太陽は火星の軌道よりも大きく膨張。 地球をはじめとする惑星を消炭してしまう。

はそれより遠くにある木星、土星、天王星、海王星はどうなるか? 無事生きてくれれば、どこか遠い外国人の文明がそれを観察するような未来もあるかもしれない。

白色矮星を通過する巨大な惑星候補| 自然
https://www.nature.com/articles/s41586-020-2713-y

参照:NASA/ hiroching作成/ parumo編集

全体カラパイアで表示:
http://karapaia.com/archives/52294799.html

 

こちらもオススメ!

– 卵の紹介記事 –

地球に掘削された最も深い穴は、ロシアの廃墟に存在する。

甘すぎないブドウ劇的においしくなる! ブドウ丸ごと餃子で包んだ「ぶどう餅」を作成する方法[네토메시]

漂着ミステリー。 アルミホイルに包まれて、脳そっくり物が海岸で発見される。 その正体は? (米国)

触れただけで地獄の苦痛、猛毒の植物「ギンピ・ギンピ」で全く新しい神経毒を発見(オーストラリア)

嬉しいお知らせ。 西海岸の山火事に巻き込まれた言葉すべてが奇跡的に生きて成長(米国)

– 自然・廃墟・宇宙に関する記事 –

地球に掘削された最も深い穴は、ロシアの廃墟に存在する。

店新時代。 キノコで作った「生きている盛り込んだ館」で地球に戻ってというオプション(オランダ)

自分がとるに足らない存在であること知る世の中に存在する10個の巨大なものの写真

米国西部で相次ぐ山火事、新しく公開された衛星画像で、その恐怖が明らかに

金星での生活の痕跡を発見しますか? 大気からの生命体によって作られるガスを検知(国際研究)

死んでいく恒星を公転する大きな惑星が初めて発見され

READ  地球を発見することができる1004個の星をリストアップ| sorae宇宙のポータルサイト

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close