世界

死産と診断された新生児は遺体安置所で泣いてくれるのメキシコ – ライブドアニュース

死産も6時間後に安置所での鳴き声

新生児を死産と診断したメキシコの病院(写真は

写真の拡大


最近メキシコそして、死産と診断された新生児は遺体安置所冷蔵室で生きていたことが明らかになった。 葬儀スタッフが死亡したこと新生児が泣いを上げていることを知って、親に連絡を取る状況になった。 「The Sun」「Mirror」などが伝えた。

【この記事の動画を見る】

メキシコ中南部に位置し、プエブラのジョナ総合病院(Hospital General de Zona)で現地時間で21日午前4時29分に男の赤ちゃんが生まれた。 しかし、妊娠23週だったので低出生体重児で生まれバイタルサイン(生命徴候)を見ることができなかったので、その場で死産と診断された。

その後新生児は葬儀の遺体安置所にある冷蔵庫に安置された。 ところが、死産と診断されてから6時間近く経っ午前10時頃葬儀の所有者であるミゲル・アンヘル・フローレス氏(Miguel Angel Flores)が死亡したこと新生児が鳴き声をあげ、体を動かしていることを発見した。

ミゲル氏は、すぐに新生児の父親に連絡を入れて新生児はすぐに病院の集中治療室に運ばれた。 ミゲル氏は当時を次のように述べている。

「私たちは、遺体安置所に来たとき、赤ちゃんが泣きながら動いていました。すぐに父に連絡を入れて赤ちゃんが生きていることを確認頂き、死亡診断書にサインした医師に急遽来てもらうことになりました。 “

「赤ちゃんは午前4時以降に誕生して、午前10時頃に住んでいることが分かったが、6時間近く冷蔵庫にあったものです。」

一方、死んだように見えた私たちの子供に会った父は、新生児を抱いて次のように話していたという。

「頑張れ….れるものではない。ああ、息子は泣いて正しく生きている。私の悪い小さな子供が必死に戦っている。神、お願いします。この子に同行してください。この子は生きているんです。この子のそばとどまっています。 “

この父の姿を撮影した映像は、SNSや地元メディアに報道されたが、多くの人々が怒りを表出して、「病院が訴えを望む」との声が高まった。

この件につきましては、現在プエブラの社会保険機関(IMSS)が調査を進めているという。

写真は「The Sun 2020年10月22日 “LEFT FOR DEAD Miracle moment premature baby born’dead「at 23 weeks is found ALIVE after six hours in morgue refrigerator”(Credit:Google Streetview)(Credit:Canal 13)」のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部MasumiMaher)

READ  英国財務大臣今年の経済は11.3%減少すると予測 - 300年ぶりの記録的な収縮 - Bloomberg

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close