エンターテインメント

残り長崎IR候補3人とも2次審査のためにRFP文書を提出します。

1次審査に合格した3つの事業グループの両方長崎県の事業者選定の一環として、2次審査を進行するために必要な書類を提出した。 長崎新聞

問題の三つのグループは、米国部族ゲーム運営会社であるMohegan Gaming&Entertainment、Casinos Austria International JapanとNIKI Chyau Fwu(Parkview)Groupと提携したOshidori International Development Ltdです。

県5人の初期のボランティアの中から候補者の数を削減しながら、現在のグループとOne Kyushuが不足している3月に3つのすべての長崎のRFP 2次ラウンドに進みました。

オペレータは、長崎のRFPのスケジュールに基づいて、同じ月に最終審査結果を発表する予定である8月に県に発表する予定です。

県は2次審査の書類がオペレータの最終的な提案になると明らかにした。

日本政府は、2021年10月から2022年4月までに候補位置とオペレータパートナーの申請書を提出します。

成功した場合Nagasakiと、選択したオペレータのパートナーは、オランダからインスピレーションを受けたテーマパークである佐世保市のハウステンボスの隣に位置し、敷地に統合リゾートを開発します。

READ  MattelはBarbieが四半期の売上高を上げ、強力な休暇シーズンを楽しみにしています。

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close